Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

アングル:CPIは目先下落幅拡大へ、日銀新体制の緩和促す

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


アングル:CPIは目先下落幅拡大へ、日銀新体制の緩和促す


ロイター 3月1日(金)16時32分配信










アングル:CPIは目先下落幅拡大へ、日銀新体制の緩和促す


3月1日、1月消費者物価指数(コアCPI)は、円安による輸入物価上昇やエネルギー価格上昇にもかかわらず、引き続きデフレ状況が改善していないことを示した。1月23日、都内で撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)





[東京 1日 ロイター] 1月消費者物価指数(コアCPI)は、円安による輸入物価上昇やエネルギー価格上昇にもかかわらず、引き続きデフレ状況が改善していないことを示した。この先3、4月にかけて下落幅は一層拡大する見通しとなっており、専門家からは、発足直後の日銀新体制に金融緩和を促す材料になるとの見方が広がっている。



コアCPIは年央にかけて円安を反映した輸入物価の浸透でプラス転換するとみられるが、物価を押し上げる効果は極めて小さく、日銀は景気拡大下でも2%の物価上昇に向けて緩和を継続するという、従来とは違う政策にレジームチェンジすることになりそうだ。



<アベノミクスの成果強調、期待インフレ指標は家計も市場も改善>



政府が27日公表した「2月例経済報告」では、09年11月以来、先行きのリスク要因として言及してきた「デフレによる影響」との文言が削除された。物価下落が続き、デフレ状況という実体に大きな変化はない中での文言変更に、民間エコノミストからは、アベノミクスの成果を強調するものだ、ととらえる声も少なくない。



政府が成果を早くも強調し始めたのは、人々のデフレに関するマインド指標が大きく改善しているためだ。消費動向調査から内閣府が試算したインフレ予想は1月調査で1.6%程度、1カ月前より0.2%程度と比較的しっかり上昇している。またマーケットでのインフレ予想でも、内閣府が物価連動債から試算した結果、2月下旬で1%程度となり、わずか1カ月で0.66%も上昇。物価上昇期待は確実に高まっているとされる。



<4月にかけてCPI下落幅拡大、日銀新体制下で連続緩和の見方>



一方で、実際のCPIはさえない展開が続きそうだ。1月の全国コアCPIは前年比0.2%の下落となり、前の月から下落幅が縮小しなかった。



しかも3、4月に向けて、コアCPIは、前年に価格が上昇したテレビや石油製品の反動により下落幅が拡大しやすい。そうした状況の中で、新総裁が就任後、今後の政策運営と物価見通しを示すいわゆる「展望リポート」の公表日(4月26日)に、3月のCPIも発表となる。エコノミストの間では、マイナス幅は0.5%程度まで拡大すると予想されている。



こうした状況について「あくまで技術的な要因による下落幅拡大とはいえ、物価への注目度合いが高まっている時期だけにとても無視はできない。日銀への金融緩和圧力は一段と高まるだろう」(第一生命経済研究所)との見方や、「市場の一部では、日銀が新体制で臨む4月最初の決定会合での追加緩和が期待されているが、今後3月分コアCPIの弱さが取り沙汰されれば、連続緩和も意識される可能性がある」(SMBC日興証券)との声も浮上している。



<円安によるCPI押し上げわずか、2%達成へ新たな政策>



人々の物価上昇期待を押し上げているのは、一つには円安による輸入物価の上昇だ。足元ではガソリンや食料品の一部が値上がりしている。



ただ円安の進行が実際の物価を押し上げる力は過去のケースからみても非常に小さい。内閣府が2月末に公表したリポートによると、2005年から2年半程度の円安局面で、対ドルでの円安が約19%進行したにもかかわらず、コアCPIはわずか0.3%しか上昇しなかった。家電製品や衣料などの価格競争が激しく、食料やエネルギー価格の上昇を相殺してしまうからだ。しかも、食品への価格転嫁には小売業者は極めて消極的だ。すでに昨年来の日用品値下げを今年も行うと宣言した大手小売業もある。



伊藤忠経済研究所・主任研究員の丸山義正氏も「デフレ下の日本では、輸入価格上昇が消費者物価上昇に及ぼす影響は限定的であり、企業行動が変化しなければ、今回も卸売価格の引き上げが、CPIに及ぼす影響は限られる」と指摘する。



日銀内では、今年は政策効果や海外景気持ち直しにより景気拡大局面に入るとみているが、景気拡大下であっても物価2%に向けてさらに景気改善のスピードを上げるために緩和規模を拡大するなど、従来の金融政策の考え方を転換していく必要があるとの認識も広がりつつある。



エコノミスト調査では今年年央から物価はプラス圏への浮上が予想されている。金融緩和継続と円安傾向の持続により、期待から実際の物価上昇に波及していくかが問われる局面となりそうだ。



(ロイターニュース 中川泉:編集 石田仁志)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130301-00000103-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



Will Power FX


【限定価格】鬼ヶ島FX


HeartsCry-FX

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/725-7338f779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)