Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

足の裏の米粒とは

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


足の裏の米粒とは、とらないと気持ち悪いけど取っても食えないこと。

たとえば、一級建築士

なぜ、一級建築士が食えない資格かというと、リピートがないから。

たとえば、最近、住宅リフォームトラブルが増えている。

なぜなら、500万円以下の建築工事は何の規制もなし。

もちろん、一級建築士の出番もない。

住宅リフォームは、10年~20年にやるか、やらないかの仕事で、

顧客獲得コストが高い割にリピートがないから、広告費を投入しにくい分野。

新築住宅でも一生に一度の買い物だから、大手メーカーならともかく、

一級建築士が広告を打てるわけがない。

だから、住宅リフォームのトラブルは後を絶たない。

住宅リフォームのトラブルが多いこともほとんどのお客さんは知らない。

お客さんは、ほとんどの場合、一元さんだから、どうしても仕事がいい加減になるのだ。

その場さえ乗り切ればいい。悪質な住宅リフォーム業者の考えだ。

お客さんも住宅リフォームは、一生に一度あるかないかのイベントだから、

情報不足で悪質な業者に引っかかりやすい。

もちろん、一級建築士の存在も知らないし、一級建築士に相談しようとも思わない。

当たり前で一級建築士は、広告を打てるほど稼げないから、みんな知らない。

お客さんに情報を届けられないのだ。

住宅リフォームでも一級建築士に相談すれば、

私の場合、見積書の査定、契約の立会い、工程表、図面のチェック、中間検査、完了検査まで

なんと、3万円でやってあげる。

やはり、きちんとした工事を期待するなら、一級建築士による第三者のチェックが絶対必要だ。

一級建築士というと、敷居が高そうだけど、本当は、足の裏の米粒で貧乏なのだ。

私以外でも3万円できちんと監理してくれる一級建築士はいくらでもいる。

住宅リフォームの監理を3万円でやってください。」と頼めばいい。

他にも博士や中小企業診断士など足の裏の米粒の資格は多い。

資格を取るときは、予備校のセールスに騙されずに、その資格に需要があるのか、

今後も需要があるのか、リピートがある資格なのか確認しよう。

足の裏の米粒になったらつまらない。

私の場合も建設業界にどっぷり浸かってから気がついた。

一級建築士足の裏の米粒だということを。

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/721-8fe6c1f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)