Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

一級建築士を持っていても意味がない

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?

最近、住宅リフォームトラブルが増えているらしい。

というのも、500万円以下の住宅リフォームには規制がない。

だから、いい加減な人間がどんどん参入して市場を混乱させているのだ。

一方、僕は一級建築士の資格をもっているにもかかわらず、仕事がない。

こうなってくると何のための一級建築士かわからない。

一級建築士の資格を取るための予備校が繁盛していて、

肝心の一級建築士が食えない。

だから、ネットワークビジネスで稼ぐしかない。

何かがおかしい。

住宅リフォームだって、一級建築士に依頼すれば、責任をもって、

きちんと仕事をこなすはずだ。

なのに、消費者は一級建築士に仕事を依頼せずに、いい加減な業者に仕事を依頼する。

おそらく、そういったいい加減な業者の売り文句は、

一級建築士に依頼すると高くなりますよ。」と言ったことだろう。

だから、価格だけで判断してトラブルを招く。

自業自得言ってしまえばそれまでだけど、

一級建築士の存在が世間であまり認知されていないのだろうか。

解決策としては、たとえちょっとした住宅リフォームだとしても、

一級建築士の監理を法律で義務付けること。

そうすれば、悪徳住宅リフォーム業者の参入を防ぐことができる。

消費者も住宅リフォームトラブルに巻き込まれないだろう。

そして、僕もネットワークビジネスをしなくても安心して一級建築士で飯が食える。

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/675-70d12251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)