Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

中国、不良債権化した地方向け融資の処理方法を明確化=関係筋

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?

中国、不良債権化した地方向け融資の処理方法を明確化=関係筋


ロイター 2月19日(火)9時19分配信







[北京 18日 ロイター] 中国政府は、不良債権化した地方政府向け融資について、地方金融機関と4大商業銀行による処理方法を明確化した。事情に詳しい関係筋2人が18日、ロイターに明らかにした。



同筋が財政省と銀行監督当局の文書の内容として明らかにしたところによると、地方の資産管理会社は全国的に事業展開していない地方金融機関からのみ不良債権の買い取りが認められ、大手国有銀行から不良債権を購入することはできない。



関係筋の1人は「省や自治区、直轄市が設立あるいは認可した資産管理会社は、地元の金融機関の不良資産を購入することが可能になる」とし、一方「資産管理大手4社は全国的な金融機関の不良資産を購入する」と述べた。



中国政府は1999年、4大国有商銀が抱えていた1兆4000億元の不良債権処理を目的として、各行ごとに資産管理会社を設立。政府は銀行から債権を買い取るため期間10年の債券を発行した。これらの資産管理会社4社はその間に不良債権を全て売却することが想定されていたが、2010年に期間は10年延長された。



2008年の世界的な金融危機を受け、中央政府は4兆元の景気刺激策を打ち出し、その柱となったインフラプロジェクトの資金を調達するため地方政府は多額の借り入れを行った。



中国は昨年2月に地方政府に対し、地方レベルで不良債権を処理するため資産管理会社を設立することを認めたが、全国的な金融機関によって組成された債権を対象とするか、地方金融機関が組成した債権を対象とするかは明確にしていなかった。今回の文書で昨年示された規定をより詳しく説明する形となった。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130219-00000024-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



3月10日(日) 『リスクフリーネットビジネス』+懇親会


3月10日(日) 『リスクフリーネットビジネス』


3月9日(土) 『リスクフリーネットビジネス』+懇親会
誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/666-8e9568b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)