Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

日本の格付けをAA─に据え置き、見通しはネガティブ=S&P

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?

日本の格付けをAA─に据え置き、見通しはネガティブ=S&P


ロイター 2月18日(月)14時0分配信










日本の格付けをAA─に据え置き、見通しはネガティブ=S&P


2月18日、S&Pは、日本の外貨建て・自国通貨建ての長期ソブリン格付けを「AA─」に据え置いたと発表した。アウトルックはネガティブとしている。都内で1月撮影(2013年 ロイター/Yuya Shino)





[東京 18日 ロイター] スタンダード&プアーズ・レーティングズ・サービシズ(S&P)は18日、日本の外貨建て・自国通貨建ての長期ソブリン格付けを「AA─」に据え置いたと発表した。アウトルックはネガティブとしている。



S&Pでは、日本の格付けについて、高水準の対外純資産、豊かで多様化された経済、回復した金融システム、多額の財政赤字、少子高齢化、継続しているデフレなどの要因を反映。日本ソブリンの信用力が長期にわたる低下傾向から脱するには、安倍晋三新政権が発足後に打ち出した施策の成果が極めて重要になるとしている。



「ネガティブ」のアウトルックは、3分の1以上の確率で、2013年度中に日本の格付けを引き下げる可能性があることを示している。政府の政策が、デフレの終息や年度ベースの実質経済成長率の現行水準の維持に有効でないと判断した場合には、格下げとなる可能性がある。また、実質ベースの資金調達コストが上昇し、債務負担の状態がさらに悪化する見通しとなった場合にも、格下げの可能性がある。



一方、景気浮揚によって税収が増えるとともに、経済成長の拡大が見込めるような政策が実施されれば、今年中にも、日本の格付けが現在の水準にとどまる可能性がより確かなものになると指摘している。



(ロイターニュース 星 裕康)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130218-00000038-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



トレーダーズ・メソッド アドバンス【トレコミュ】


トレーダーズ・メソッド セット  【トレコミュ】


【リッチ番長】月収20万円を安定して稼げる勝率100%の実践投資術!
誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/665-13c61abd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)