Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ネイティブに電話――姓と名、どっちを言えばいいの?

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?

ネイティブに電話――姓と名、どっちを言えばいいの?


Business Media 誠 2月15日(金)9時59分配信









ネイティブに電話――姓と名、どっちを言えばいいの?

画像:ITmedia





ネイティブに伝わるビジネス英語:

 日本人の英語を知りつくしたベストセラー英語教師、デイビッド・セインさんによる連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」。第8回は、電話をかける際に使えるフレーズを取り上げます。



【他の画像】



●チャプター8:電話をかける編



 まずは、意味は似ていますがネイティブには伝わりにくい表現から。



●ABC株式会社の吉田真理子です。スミスさんをお願いします。



・This is Mariko Yoshida of ABC Corporation. May I speak to Mr.Smith?

・May I speak to Mr.Smith? ←ネイティブには伝わりにくい表現



 電話でのマナーは日本とほとんど変わりません。まず、自分について名乗ってから、話をしたい相手を指定しましょう。



 自分の名前を名乗るときには姓を先に名乗ってから名前を言いましょう。This is Yoshida, Marioko Yoshida.のように言うと姓を印象付けることができ、ファーストネームで呼ばれたいときはMariko, Mariko Yoshidaのように言うと覚えてもらいやすくなります。



●何時ごろに戻りますでしょうか?



・About what time will he be back?

・What time will he be back? ←ネイティブには伝わりにくい表現



 What time is it now? 「いま、何時ですか?」は、教科書に初めて「時間」が出てきたときに日本人が習うフレーズです。しかし、ネイティブにとっては正確な時間を求められているような気持ちになる言葉なのです。



 日本語でもこのように、誰かの帰社時間を尋ねるときは「何時ごろお戻りでしょうか?」と言います。「ころ」に対応する単語としてaboutを付け、About what time will he be back?とすれば何も問題ありません。



●電話をかけるときに活用頻度の高い表現



 ここからは、いくつか例文を紹介します。



電話をかける



・I'd like to talk to Mr.Smith. (スミスさんとお話したいのですが。)



 ファーストネームが分かる場合はI'd like to talk with Bill Smith. Mr.を付けなくても問題はありません。



・Is there anyone there who knows about this? (どなたかこの件について分かる方はいらっしゃいますか。)



 類似表現に、I'd like to talk to someone who can help me with this.「この件が分かる方とお話したいのですが」などがあります。



電話でのちょっとした会話



・Sorry for interrupting you. (お忙しいところを大変申し訳ありません。)



 interruptは「じゃまする」「妨げる」の意味です。「おじゃまをして申し訳ありません」が直訳です。この場合は「お仕事のじゃまをする」ということ。類似表現に、I know you're busy, but……「お忙しいのは承知していますが……」I'm sorry for calling at this hour.「このようなお時間に電話をして申し訳ありません」などがあります。



・I'm glad to know that you're doing well. (お元気そうで何よりです。)



 I'm glad yo know that……で「……ということが分かってとてもうれしいです」という意味になります。do wellは「順調である」「うまくいく」の意味です。I'm glad you're doing well.でもOKです。



・This economy is making it really difficult to get by. (景気が悪くて、なかなかやっていけませんね。)



 get byは「生き延びる」「何とかやっていく」の意味。making it really difficult……のitはto get byを指しています。「生き延びることを困難にしている」という意味になります。



約束の日時を決める



・When would be a good time for you? (いつなら都合がよいですか?)



 都合のよい日を尋ねるときの一般的なフレーズです。類似表現として、When will you have time?「いつなら時間がありますか?」などの表現があります。



・So that's Thursday at 2:00. (では木曜の2時ということで。)



 このsoは「それでは」の意味です。



約束の場所を決める



・Let's meet at my office. (私のオフィスで会いましょう。)



 Let's meet at……は「……で会いましょう」という意味です。カジュアルな言い回しですが、ビジネスシーンでもよく使われます。



・I'll visit you there, if that's all right. (差し支えなければ、そちらに伺いますが。)



 if that's all rightは「差し支えなければ」の意味です。類似表現に、I can go to your office.「そちらのオフィスに伺います。」があります。



約束を変更する



・I'm sorry, but something came up. (申し訳ありませんが、急用ができまして。)



 come upは「問題などが生じる」「急に起こる」の意味です。



・Would it be too much trouble to change the meeting from 1:00 to 3:00? (打ち合わせの時間を1時から3時に変更させてもらうわけにはいかないでしょうか?



 Would it be too much troubleは「迷惑すぎますか?」「面倒すぎますか?」の意味です。



不在の場合



・Could you ask you to take a message? (伝言をお願いできますか?)



 Could you ask you to……? で「……をお願いできますか?」という意味になります。take a messageは「伝言を預かる」という意味です。



 次回は、来客を迎える編です。



[デイビッド・セイン,Business Media 誠]










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130215-00000012-zdn_mkt-ind
※この記事の著作権は配信元に帰属します



s0053【楽販アフィリオ】【特別価格】マーキュリーFX


サイクルヒットFX 2011 MT4


PowerBalanceFX

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/645-4e08e659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)