Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

GDP、3期連続マイナスも個人消費は回復

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?

14日に発表された去年10~12月期のGDPは3四半期連続でマイナス成長でしたが、下げ幅は縮小していて、景気に明るい兆しも見えています。

 百貨店のチョコレート売り場。今年のバレンタイン商戦に明らかな変化が・・・。

 「500~1000円が義理チョコ。本命はゴディバの4000円」(客)

 売上げは去年と比べ2割増しと、絶好調だといいます。

 「大変好調です。お客様の財布のひもが緩んできたなという実感を非常に感じている」(そごう・西武 田代賢さん)

 14日に発表された去年10~12月期のGDP。国内で生産されたモノとサービスの合計は海外経済の減速などで3期連続でマイナスとなりましたが、GDPの6割を占める個人消費の回復を反映してか、マイナス幅は大きく縮小しました。

 特に好調だったのは住宅投資です。消費税の増税を前に、都内のマンションギャラリーは営業マンが足りないほど活況を見せているといいます。

 「『消費税が上がる』ということと『史上最低金利』ということ、『物価上昇に伴って不動産価格も上がる』のではないか、この3点が来場者数の増加要因」(住友不動産 間健太郎さん)

 また、日銀は14日、1月に「弱めに推移している」とした景気の基調判断を「下げ止まりつつある」と上方修正しました。果たして、景気は上向くのでしょうか。

 「昨年11月が景気の底で、そこから着実に景気が回復している可能性が高い。安倍政権が成立して、今、アベノミクスが展開されているので、おそらく今年1~3月期はかなり大きなプラス成長になる可能性高い」(大和総研 熊谷亮丸チーフエコノミスト)

 安倍政権は緊急経済対策で景気を下支えするため、大型補正予算の執行を急ぐ考えです。(14日17:02)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20130214-00000051-jnn-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



HN-FX-EUR


HN-FX-PRO


HN-FX

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/643-32539aec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)