Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

「アップルがお手本」アイデアを形にする若い力 -東邦レオ

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?

ビジネスといえば、出来高報酬が当たり前です。

つまり、売れなければ1円も入ってこない。

トヨタにしても、シャープにしても商品が売れなければ、1円も入ってこない。

そうなると社員にも給料が支払えなくなって、倒産します。

ビジネスには、もう一つパターンがあって、それがテレビや新聞、雑誌などの広告ビジネスです。

世の中のすべてのビジネスは、どちらかに当てはまります。

そこで問題。

ネットワークビジネスはどちらでしょうか?

答えは、広告ビジネスです。

だから、ネットワークビジネスというと、胡散臭く聞こえるけれども、

出来高報酬型広告ビジネスというと、まともに聞こえるのです。

ネットワークビジネスでは、普通の人は何がなんだかわかりません。

しかし、出来高報酬型広告ビジネスというとなんとなくイメージできるのです。

実際にネットワークビジネスをやっている人が、このことをほとんど知りません。

それが、なかなか成功できない理由だと思っています。

ネットワークビジネスが出来高報酬型広告ビジネスだと理解できると、

考え方が変わります。

テレビにしても新聞、雑誌にしても、収入源は広告だけど広告がメインではありません。

番組なり記事なり、コンテンツがメインです。

そうです。

ネットワークビジネスは、自分自身がコンテンツなのです。

商品の販売は、普通しません。

自分がなんらかのコンテンツを提供して、商品とビジネスを紹介するだけです。

そして、紹介した相手が商品を使って、同じように他の誰かにコンテンツを提供して

商品とビジネスを紹介する。

その連鎖が、うまく回り出せば成功する。

多くの広告ビジネスと違う点は、出来高報酬というだけです。

しかし、テレビなら視聴率、新聞なら発行部数がないと誰も広告は出してくれません。

視聴率や発行部数を稼いで初めて、広告を出してもらえるのです。

お金と時間がむちゃくちゃ掛かります。

ところがネットワークビジネスなら、このサイクルを早く作ることができるのです。

しかも、個人でです。すごくないですか?

問題は、コンテンツですよね。

同レベルの友人に提供できるコンテンツを持っていますか?

難しいですよね。

しかし、それをインターネットが解決してくれました。

インターネットは、今や立派なメディアになったのです。




「アップルがお手本」アイデアを形にする若い力 -東邦レオ


プレジデント 2月13日(水)9時45分配信




















写真を拡大
写真を拡大


「アップルがお手本」アイデアを形にする若い力 -東邦レオ



写真を縮小
写真を縮小


「アップルがお手本」アイデアを形にする若い力 -東邦レオ

MBAで学んだ手法を使い、屋上付き戸建て住宅事業を立ち上げた東邦レオ常務(イノベーション社長)の岡崎富夢氏。




■半年で月2億円の安定した収益



 「屋上ってこんなに気持ちのいい場所だったんだ」



 青空の下、爽やかな風と暖かな日射しを一身に受けていると、思わずそんな言葉が口をついて出る。ここは、とある住宅地に立つモデルルームの屋上。といってもコンクリートむき出しの無愛想な造作ではなく、パネルで床面を覆い、ソファを置いた、リラックスできる空間だ。



 屋上同様、住居部分もユニークで、外装は職人の手をかけた塗り壁、室内は広々とした間取りにシステム家具をつくり付けにした、上質なインテリアが目を引く。販売価格は33坪の家で1544万円。建材や設備に高級品を使い、庭園風の屋上を備えているが、富裕層限定でなく、サラリーマン家庭も対象にしていることがわかるだろう。



 この珍しい「屋上付き戸建て住宅」を販売するのは、イノベーションという社員30名ほどの会社だ。事業開始から半年で早くも月2億円の安定した収益を挙げている。



 「目指したのは、住む人にサプライズをもたらす『すごい家』。他社製品とは圧倒的に違うという意味で、アップル社のiPhoneのような家を目指しました」と、仕掛け人の岡崎富夢氏は語る。



 岡崎氏は35歳にしてイノベーションを設立し、社長に就任した人物。それまでは親会社の東邦レオで、長年ビル工事など法人相手の事業に関わってきた。それが一転、個人向け、しかも未経験の「家づくり」へと進出したのは、社の業績が悪化の一途をたどる中、状況をガラリと変える「イノベーション」を起こさない限り、未来はないと判断したからだという。



 さかのぼること2009年、リーマンショック後の景気後退により、イノベーションの親会社・東邦レオもまた、赤字ギリギリの財務状況に追い込まれた。ビルの断熱工事や緑化施工で年間70億円を超えていた売上高は60億円までに減じ、しかもその3割を占める断熱工事は、受注価格の値下がりによる採算割れが続いていた。







前へ1234


4ページ中1ページ目を表示





http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130213-00008562-president-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【FX変態セミナー動画】BBFカウンタートレードマニュアル付き


FX【変態】セミナー動画|京都旅行中のわずか52時間で22万円以上の利益を出した「順張り裁量トレード」と「勝者の習慣」を手に入れる方法


ヒルズFX




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/629-ffdd13cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)