Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

欧州市場サマリー(8日)

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?

欧州市場サマリー(8日)


ロイター 2月9日(土)8時29分配信







1907GMT  7日終盤



ユーロ/ドル<EUR=>   1.3359/61 1.3396



ドル/円<JPY=> 92.89/93 93.62



ユーロ/円<EURJPY=>   124.13/16 125.42



8日終値      前営業日終値



株 FT100 6263.93(+35.51)  6228.42



クセトラDAX  7652.14(+61.29) 7590.85



金 現物午後値決め 1668.25 1668.00



先物



3カ月物ユーロ(3月限)   99.75 (+0.00) <FEIH3>



独連邦債2年物(3月限)  110.44 (‐0.01) <FGBSH3><0#FGBS:>



独連邦債5年物(3月限)  126.42 (+0.02) <FGBMH3><0#FGBM:>



独連邦債10年物(3月限) 142.86 (+0.04) <FGBLH3><0#FGBL:>



独連邦債30年物(3月限) 132.28 (+0.08) <FGBXH3><0#FGBX:>



現物利回り



独連邦債2年物      0.187 (0.170) <DE2YT=TWEB><0#DE2YT=TWEB>



独連邦債5年物      0.627 (0.624) <DE5YT=TWEB><0#DE5YT=TWEB>



独連邦債10年物     1.607 (1.609) <DE10YT=TWEB><0#DE10YT=TWEB>



独連邦債30年物     2.375 (2.377) <DE30YT=TWEB><0#DE30YT=TWEB>



<為替> 円がユーロとドルに対して急伸。日銀の次期総裁が積極的な緩和政策を進められるか懐疑的な見方が出るなか、最近の円の下落はペースが速過ぎるとした麻生太郎財務相の発言が円を押し上げた。



麻生財務相は8日、対ドルで78円だった円が90円まで値下がりしたのは意図した以上だったとの認識を示した。



ドル/円は92.15円の安値をつけた後、やや値を戻した。



ユーロ/円も一時123.40円まで下落。その後は下げ幅を縮小した。



ユーロは対ドルで軟調となり、一時1月25日以来の安値となる1.3352ドルをつけた。



前日のドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁のユーロ相場をめぐる発言も引き続きユーロを圧迫している。



<株式> ロンドン株式市場は反発。予想を上回る中国の貿易統計を受け、世界経済成長への期待が強まり、銀行株や鉱山株に買いが入った。



ただ、週間ベースでは年初来初の下落となった。



前週は、6300台の大台に乗せ、約4年半ぶりの高値をつける場面もあったものの、今週は4日に3カ月ぶりの大幅な下げを記録した後、終値ベースで6300を上抜けられない状況が続いている。



この日発表された1月の中国貿易統計は、輸出、輸入ともに予想を上回る伸びを示し春節(旧正月)の影響を除いてもかなり強い数字となった。これを受け、世界的に株式を選好する動きが強まり、鉱山や銀行など景気循環株の買いが優勢となったことが指摘された。



銀行株<.FTNMX8350>は2.3%高。



HSBC<HSBA.L>は、ゴールドマン・サックスが同行を「コンビクション・バイ」で確認したことを好感し、2.3%上昇。FT100種総合株価指数の上昇分の11.9ポイントを占めた。



欧州株式市場は銀行株と鉱山株に買いが入り、反発して終了した。



FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3>終値は13.82ポイント(1.20%)高の1162.10。DJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E>は32.38ポイント(1.25%)高の2630.30で取引を終えた。



米国の12月の貿易赤字が約3年ぶりの低水準に縮小したことに加え、中国の1月の輸出と輸入が共に予想を上回る伸びを示したことで、世界経済が上向くとの期待が台頭。鉱山株に買いが入り、鉱山株指数<.SXPP>は1%高となった。



銀行株指数も2.8%上昇。仏クレディ・アグリコル<CAGR.PA>は6.9%高。エクサーヌが同行の投資判断を「アウトパフォーム」に引き上げたことが好感された。



ノルウェーのDNBバンク<DNB.OL>は4.6%高。同行についてはUBS、ノムラ、クレディ・スイスが投資判断を引き上げている。



英ボーダフォン・グループ<VOD.L>は1.2%高。バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが投資判断を「中立的」から「買い」に引き上げた。



一方、インペリアル・タバコ<IMT.L>は2%安。インベステックが投資判断を「買い」から「ホールド」に引き下げたことが嫌気された。



<ユーロ圏債券> スペイン国債の利回りが低下した。このところの売りで国内投資家を中心に安値拾いの動きが出た。ただ、スペインやイタリアの政治リスクへの警戒ムードは残り、利回り低下は一時的との見方も聞かれる。



スペイン2年債の利回りは7.5ベーシスポイント(bp)低下して2.75%となった。10年債利回りも5bp低下して5.37%だった。



ラホイ首相は不正資金疑惑を否定するが、投資家は引き続きこの問題に敏感に反応して、値が動きやすい展開になるとみられている。



インベステック(ロンドン)のストラテジスト、エリザベス・アフセス氏は「人気回復のためなら何でもやる政権なら、各種改革や赤字削減への取り組みが意識されなくなる。このため、引き続き(政治リスクが)懸念材料だ」と話した。



今月総選挙を控えるイタリアで、ベルルスコーニ前首相への支持が高まっていることも改革への取り組みが弱まるとの警戒感を招いた。



イタリアが来週行う短・長期債などの入札でどれぐらいの需要が集まるのかが、投資家の信頼感を見る上で注目されている。



アイルランド国債はこの日も底堅かった。債務負担の軽減をめぐり欧州中央銀行(ECB)と7日に合意したことを引き続き好感した。



2020年償還債利回りは15bp低下して3.85%。合意後の下げ幅は25bpに達した。



アイルランドの短期国債利回りは現在、イタリア国債を下回っており、2007年に金融危機が始まる前以来の低水準だ。



[東京 9日 ロイター]










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130209-00000018-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



秘密の完全自動売買 シリーズ第8弾 FX24時間完全自動売買 FX業者指定なし WallStreet FOREX Robot(ウォールストリートフォレックスロボット)攻略マニュアル


秘密の完全自動売買 シリーズ第8弾 FX24時間完全自動売買 FX業者指定なし WallStreet FOREX Robot(ウォールストリートフォレックスロボット)攻略マニュアル


プチセレFXオートボット・セカンドシーズン
誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/599-3f917b89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)