Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

米FRB量的緩和の出口戦略、「段階的な縮小」に支持集まる

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?

米FRB量的緩和の出口戦略、「段階的な縮小」に支持集まる


ロイター 2月8日(金)14時4分配信










米FRB量的緩和の出口戦略、「段階的な縮小」に支持集まる


2月7日、米FRBの量的緩和をめぐり、出口戦略の実行が必要になった場合は、一度に買い入れを中止するのではなく、徐々に縮小していくことが望ましいとの発言が、地区連銀当局者から相次いでいる。ワシントンのFRB本部で昨年6月撮影(2013年 ロイター/Yuri Gripas)





[サンフランシスコ 7日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)の量的緩和をめぐり、出口戦略の実行が必要になった場合は、一度に買い入れを中止するのではなく、徐々に縮小していくことが望ましいとの発言が、地区連銀当局者から相次いでいる。



ハト派で知られるシカゴ地区連銀のエバンズ総裁は、7日のCNBCとのインタビューで「FRBはこれまでさまざまな資産買い入れプログラムを段階的に縮小してきた。これまでと違うやり方をすれば、少しサプライズとなるだろう」と発言。



量的緩和はあと6カ月─1年継続する必要があるとしながらも、「景気が予想以上のペースで回復すれば、非常に喜ばしく、(量的緩和を)縮小、徐々に減らす、早めに終了する可能性がある」と述べた。



市場関係者の間では、量的緩和を突然終了すれば、長期金利の急激な上昇を招く恐れがあり、FRBの目標に反するとの見方が出ている。



ジェフリーズのエコノミスト、トマス・サイモンズ氏は「市場はFRBの存在に慣れきっており、買い入れの終了は一大イベントだ」と発言。



ウェルズ・ファーゴのエコノミスト、マーク・ビトナー氏も「(段階的に買い入れを縮小することで)景気が不安定になった場合、調整が容易になる」との見方を示した。



量的緩和の終了時期をめぐっては、連銀当局者の間でさまざまな意見があるが、出口戦略は段階的に進めるべきとの主張は幅広い支持を集めているようだ。



中立派とされるブラード・セントルイス地区連銀総裁は、雇用情勢に改善が見られ、量的緩和の終了が必要になった場合は、突然買い入れを停止するのではなく、買い入れペースを落とすことが必要だと主張。



ロックハート・アトランタ地区連銀総裁も、適切な時期に徐々に終了することが可能との考えを示した。



追加量的緩和に反対したフィッシャー・ダラス地区連銀総裁も4日、「突然断ち切るのは望ましくない」と発言している。



(Ann Saphir記者;翻訳 深滝壱哉 編集 山川薫)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130208-00000058-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



投資系アフィリエイトサイト・ブログ記事自動生成ツール【FXA-Master】&【FXA-Grande】と【フラクタル・アフィリ】


トレーディングフィードバックオートマティックインパルス-TFAI


6年間負け無し!FXスキャルピングの最終型「PF-MAX」
誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/596-c1e6609b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)