Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ネットワークビジネス渡り鳥にならないビジネス

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?

ネットワークビジネス渡り鳥というのは、あるネットワークビジネス会社、

たとえば、アムウェイをやっていたとする。しかし、久しぶりに会った友達に

「こっちのビジネスの方が絶対いいよ。」と言われれば、

たとえば、それがフォーデイズだったとする。するとフォーデイズに移ってしまう。

そして、フォーデイズをしばらくやっていて、フォーデイズで結果がまだ出ていないとき、

またまた、久しぶりに他の友達に会って、

「こっちは、日本上陸したばかりで今がチャンス」と言われれば、

たとえば、それがメラルーカだったとして、メラルーカに移ってしまう。

そして、メラルーカでも結果が出ずに、新しいネットワークビジネスを探し求める。

こういった人のことをネットワークビジネス渡り鳥という。

ネットワークビジネスの名著「ネットワークビジネス最初の1年」や

「2*2=6」でも、そういった渡り鳥は、成功できない鉄板パターンと書かれている。

だから、もしあなたが何かネットワークビジネスに取り組んだら、誘惑に負けてはいけない。

ネットワークビジネス渡り鳥になってはいけない。

誘惑に負けず、他の会社から情報だけ盗む。

そして、自分が今取り組んでいるビジネスに取り入れる。

実際に、情報だけ盗んでそれを情報発信しているネットワークビジネスがある。

その会社をA会社としよう。

あなたは、A会社に誘惑されてはいけない。

A会社の情報だけ盗んで、今、自分が取り組んでいるビジネスに取り入れればいい。

そして、A会社では、なぜか誰も辞めない。

おそらく、A会社にすごい魅力があるに違いない。

もし、しょぼい会社なら他のネットワークビジネス会社、たとえば、エクスフューズとしよう。

エクスフューズの情報を詳しく調べているうちに、

つい、エクスフューズに魅入られて、エクスフューズに移りたくなるに違いない。

そして、A会社を辞めて、エクスフューズをやり始める。

しかし、そういった人が一人も現れない。

これは、すごいことだ。彼らは、すべてのネットワークビジネス会社を熟知している。

その会社の正体はいったい何だろうか?

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/586-496e619b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)