Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

1月の仏・伊・スペイン自動車販売が減少、回復期待に冷や水

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?

1月の仏・伊・スペイン自動車販売が減少、回復期待に冷や水


ロイター 2月2日(土)10時15分配信










1月の仏・伊・スペイン自動車販売が減少、回復期待に冷や水


2月1日、フランス、スペイン、イタリアの欧州3カ国で1月の自動車販売が減少し、欧州自動車市場の回復期待に水を差す結果となった。独ハムで1月撮影(2013年 ロイター/Ina Fassbender)





[パリ 1日 ロイター] フランス、スペイン、イタリアの欧州3カ国で1月の自動車販売が減少し、欧州自動車市場の回復期待に水を差す結果となった。



フランスの1月の新車登録台数は15%減少し、1月としては1997年以来の低水準となった。



イタリアの新車販売台数は17.6%減。スペインでは新車購入への補助金制度を導入したにもかかわらず9.6%減少した。



フランス新車登録台数は、メーカー別では独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>が23.9%減と大幅な落ち込みとなった。



米国勢もさえず、ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>のシボレー、オペル/ボクソールの登録台数は合わせて21.2%減少した。



仏ルノー<RENA.PA>は7.4%減。低価格車「ダチア」の登録台数が9.9%増加したことが支えとなり、予想されていたほどは落ち込まなかった。



競合のPSAプジョー・シトロエン<PEUP.PA>は16.7%減少した。



クレディ・スイスのアナリスト、デイビッド・アーノルド氏は顧客向けノートで「フランスの乗用車市場は2012年を不調に終えた後、2013年も軟調に始まった」と指摘。欧州の販売台数減少を受け、自動車メーカー各社は年間生産台数をさらに7%縮小させることを余儀なくされるとの見通しを示した。



イタリアでは、国内メーカー、フィアット<FIA.MI>の販売台数が9.3%減。トヨタ自動車<7203.T>、VW、プジョーの販売台数も減少した。



リセッション(景気後退)が深刻化するスペインでは、プジョーの販売台数が33%超、VWが20%それぞれ減少した。



米フォード<F.N>の販売台数は3市場すべてで大幅に減少。半面、韓国の現代自動車<005380.KS>と起亜自動車<000270.KS>は増加した。



2012年の欧州自動車販売台数は、各国政府による緊縮策や高失業率が消費支出を圧迫する中、17年ぶりの低水準となった。



日産自動車<7201.T>とルノーのカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は今週、向こう3─4年に欧州市場が回復することは見込んでいないとの見解を示した。



週明け4日に発表されるドイツ自動車販売台数も減少が予想されている。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130202-00000030-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



おきがるFXスキャル


テキスト全セット  FXプロトレーダーの実力をめざす「勝ち組FX道場」の必勝テキスト


テキスト全セット・動画DVD版  FXプロトレーダーの実力をめざす「勝ち組FX道場」の必勝テキスト
誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/562-df202dc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)