Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

政府、2013年度予算案を決定 一般会計およそ92兆6,000億円

政府は臨時閣議を開き、過去最大に匹敵する規模となる2013年度の予算案を決定した。
麻生財務相は「予算の中身を見直して重点化し、公債発行額をできるかぎり抑制する」、「1日も早くこの予算が実施に移せるようにしていくことが一番大事」と述べた。
一般会計の総額はおよそ92兆6,000億円となり、当初予算としては過去最大規模となった。
歳出は、政策に充てる経費がおよそ70兆4,000億円で、景気対策の即効薬として公共事業関係費を4年ぶりに増やす一方、地方公務員の給与生活保護費を削減している。
また、国債の償還や利払いに充てる国債費は、およそ22兆2,000億円となっている。
一方、歳入は、およそ43兆1,000億円の税収が見込まれており、4年ぶりに国の借金である国債の新規発行額を上回ることになった。
ただ、歳入のうち国債に依存する割合は、およそ46%にのぼり、依然として厳しい財政状況が続くことになる。
政府は、2月末をめどに予算案を国会に提出する予定で、緊急経済対策を盛り込んだ2012年度補正予算案とあわせた「15カ月予算」で、景気回復に取り組む方針。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130129-00000531-fnn-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



印僑大富豪の教え“ジュガール”ビジネスマスタリー


FXリスク限定オプション用インディゲーター パワー投資ACTION


エスカレーターFX製品版




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/545-5dde12e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)