Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

欧米生保はアジアでの買収模索、リスク資産への投資拡大=ムーディーズ



欧米生保はアジアでの買収模索、リスク資産への投資拡大=ムーディーズ


ロイター 1月29日(火)15時53分配信







[ロンドン 28日 ロイター] ムーディーズは28日、今年の欧米の生命保険会社は利益底上げに向け、成長を続けるアジアでの企業買収を模索し、よりリスクの高い資産への投資を増やすとの見通しを示した。生保業界に対する年次分析で明らかにした。



ムーディーズはこの中で、先進国における生保業界の見通しを「ネガティブ」とし、投資収益は最低水準の金利に圧迫されているうえ、景気低迷で消費者が節約を余儀なくされるなか、収入も減少しているとの見方を示した。



また、欧米の生保は、急成長する新興国市場のライバル企業の買収や、高いリターンをもたらす高リスク資産への投資を増やすことで厳しい状況に対応する可能性が高いと指摘した。



欧州保険会社が最近行った新興国市場での買収には、昨年11月の英保険大手プルーデンシャル<PRU.L>によるタイの生保タナチャート・ライフ・インシュアランスの買収、2011年のスイス保険大手チューリッヒ保険グループ<ZURN.VX>によるスペインのサンタンデール銀行<SAN.MC>中南米保険部門の買収がある。



投資収益の増加を目指す保険会社は、株式、インフラあるいは直接融資への投資を拡大する可能性がある。



ムーディーズによると、欧州生保の投資ポートフォリオにおける国債および社債の割合は2011年末時点で62%。欧米の中央銀行は2008年の金融危機後に景気支援策として政策金利をゼロ%付近に引き下げた。これを受けて、債券利回りも低下し、保険会社の投資収益が減少している。



ムーディーズは、ユーロ圏周辺国の信用力をめぐる懸念が続く中、欧米の生保は今年、ソブリン債務危機に起因する一段の脅威に直面していると指摘した。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130129-00000094-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



印僑大富豪の教え“ジュガール”ビジネスマスタリー


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX GBP/JPYペア用■


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX EUR/JPYペア用■




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/544-3b807888
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)