Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

<日銀>物価目標「無謀な賭け」…総裁、02年決定会合



<日銀>物価目標「無謀な賭け」…総裁、02年決定会合


毎日新聞 1月29日(火)11時28分配信







 日銀が02年下半期に物価目標(インフレターゲット)の導入について集中的に議論していたことが、29日公表された当時の金融政策決定会合の議事録で明らかになった。速水優総裁が「無謀な賭け」と発言するなど、長期金利が上昇するリスクを背景に導入に反対する意見が大勢を占めた。今月22日の金融政策決定会合で導入された2%の物価目標が、日銀史上、いかに歴史的な転換であったかをうかがわせる。【三沢耕平】



 長期金利上昇を懸念



 当時の日本経済は不良債権処理の遅れから物価の下落を伴って景気が悪化するデフレスパイラルの恐れが強まっていた時期。日銀への金融緩和要求は強まり、竹中平蔵経済財政担当相ら政界からは物価目標の導入を求める声が出ていた。



 日銀が公表したのは02年7月から12月までの計7会合の議事録。物価目標をめぐっては、速水総裁が「そうした宣言(インフレターゲット)を行うこと自体が政策運営全般への信認を損ないかねない」と強く否定。他にも「(目標を)実現する手段を欠く状況下では採用は困難だ」(田谷禎三委員)、「効果と副作用を考えれば慎重な検討を要する」(春英彦委員)、「目標次第だが長期金利の上昇は急激だろう」(植田和男委員)と否定的な見方が大勢だった。



 また、財務省(谷口隆義副財務相)がこの間、長期国債の買い入れ増や国債の保有額を日銀券(お札)の発行残高内に抑える「買い入れ上限」の撤廃を再三にわたって要請していたことも判明した。政府系金融機関の発行する債券の日銀引き受けや、円売り介入の際に介入資金を市中から吸収せずに金融緩和の効果をもたらす「非不胎化介入」などを求めていた。



 02年は小泉政権が新規国債発行を30兆円に抑える公約を掲げており、日銀が市場から購入していた国債は年間14兆円以上に達していた。



 速水総裁が「他の国から見て『半分以上も中央銀行が(国債を)買わないと駄目なのか』ということになる。怖いね」と発言するなど、国債の買い増しを求める政治圧力と、国債が信用を失って暴落し金利が上昇するリスクのはざまで葛藤する様子もうかがえる。



 ◇日銀の議事録公開◇



 日銀の金融政策は、日銀総裁と2人の副総裁、6人の審議委員の計9人による金融政策決定会合で決定され、その議事録を10年後に公開することが義務付けられている。決定会合の約1カ月後に発表される議事要旨では発言者の氏名を伏せているが、議事録では原則、発言者の氏名を明記した上で議論のやりとりのすべてが公開される。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130129-00000016-mai-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



逆転FX「Multi Getter KIWAMI」(マルチゲッター「極」)


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX GBP/USDペア用■


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX EUR/USDペア用■




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/542-4c1e2ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)