Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

<政府成長率見通し>名実逆転「16年ぶり解消」 13年度

なぜ、喜ばれるビジネスをやらないのですか?



無料メールセミナー
Name: 
Email: 



<政府成長率見通し>名実逆転「16年ぶり解消」 13年度


毎日新聞 1月28日(月)10時3分配信







 政府は28日、13年度の国内総生産(GDP)成長率を、物価変動の影響を除いた実質で2.5%、生活実感に近い名目で2.7%とする政府経済見通しを閣議了解した。大型の緊急経済対策を盛り込んだ12年度補正予算案などの積極財政で内需主導の回復が進むと想定。昨年8月時点の試算(実質1.7%、名目1.9%)から上方修正した。



 成長に応じて物価も上昇を見込み、消費者物価指数(総合)はプラスに転換して0.5%増。名目の成長率が実質を下回り、デフレ状態の象徴とされる「名実逆転」現象は、16年ぶりに解消されると予想している。ただ、緊急経済対策も踏まえた民間シンクタンクの試算では、13年度も名実逆転が続くとの見方が大勢で、政府の見通しはデフレ脱却を急ぐ安倍政権の意向が反映された形だ。



 成長率の内訳では、個人消費は14年4月に予定する消費税率8%への引き上げ前の駆け込み需要も見込んで1.6%増(12年度は1.2%増)とした。完全失業率は、景気の緩やかな回復で雇用者数が増加するとして、3.9%(同4.2%)への改善を見込んだ。



 一方、12年度の経済見通しは、昨年夏以降の世界経済の減速を背景に景気が弱い動きとなった影響で、成長率は実質1.0%、名目0.3%(昨年8月の試算は実質2.2%、名目1.9%)に下方修正した。【久田宏】










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130128-00000007-mai-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FXプライベート運用システム「Forex Private Banker」


FXで月100万を稼ぐ○秘術


◆ PASTA FX triple method ◆ サクっとスキャルで手堅く20pips。トレンドキャッチで100pips。3つの手法でチャンスを逃さない。
なぜ、喜ばれるビジネスをやらないのですか?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/537-547e0ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)