Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

NY市場サマリー(24日)

なぜ、喜ばれるビジネスをやらないのですか?


NY市場サマリー(24日)


ロイター 1月25日(金)8時39分配信







(カッコ内は前営業日比、%は利回り)



ドル/円     終値    90.33/34



始値     89.68/69



前営業日終値    88.62/64



ユーロ/ドル   終値    1.3375/77



始値    1.3348/49



前営業日終値    1.3317/20



30年債<US30YT=RR>



(2205GMT)   94*07.50(‐0*14.50) =3.0456%



前営業日終盤    94*22.00(+0*03.00) =3.0215%



10年債<US10YT=RR>



(2205GMT)    97*31.00(‐0*07.00)=1.8524%



前営業日終盤    98*06.00(+0*04.50)=1.8276%



5年債<US5YT=RR>



(2205GMT)    99*29.50(‐0*02.75) =0.7662%



前営業日終盤    100*00.25(+0*01.25) =0.7484%



2年債<US2YT=RR>



(2205GMT)    99*24.75(‐0*00.25) =0.2427%



前営業日終盤    99*25.00(+0*00.50) =0.2384%



ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>



終値    13825.33(+46.00)



前営業日終値   13779.33(+67.12)



ナスダック総合<.IXIC>



終値    3130.38(‐23.29)



前営業日終値   3153.67(+10.49)



S&P総合500種<.SPX>



終値    1494.82(+0.01)



前営業日終値   1494.81(+2.25)



COMEX金(2月限)(ドル/オンス)<2GCG3><GCG3><0#GC:>



終値    1669.90(‐16.80)



前営業日終値 1686.70( ‐6.50)



COMEX銀(3月限)(セント/オンス)<2SIH3><SIH3><SIcv1><0#SI:>



終値    3172.2(‐71.7)



前営業日終値 3243.9(+26.2)



北海ブレント原油先物(3月限)(ドル/バレル)<LCOH3><LCOc1><0#LCO:>



終値    113.28(+0.48)



前営業日終値    112.80(+0.38)



米WTI原油先物(3月限)(ドル/バレル)<2CLH3><CLH3><CLc1><0#CL:>



終値    95.95(+0.72)



前営業日終値    95.23(‐1.45)



CRB商品指数(ポイント)<.TRJCRB>



終値    300.4227(‐0.1752)



前営業日終値    300.5979(‐0.9024)



<為替> 円が幅広い通貨に対して下落した。ドル/円は終盤の取引で2%上昇し、2年半ぶり高値をつけた。オーバーナイトで西村康稔内閣府副大臣が円相場について、1ドル=100円でも問題ないとの認識を示したと伝わったことを受けた円売りの流れが続いた。ロイターのデータによると、ドルは一時2010年6月以来の高値となる90.54円まで上昇。21日につけた90.25円の水準をいったん上抜けると、上昇が加速した。2012年の日本の貿易収支が過去最大の赤字となったことや米新規失業保険週間申請件数が5年ぶり低水準となったことも円売り・ドル買いの動きを強めた。ユーロ/円は2.5%高の120.91円。市場筋によれば、アジア中銀筋による円売り・ユーロ買いが目立った。



<債券> 国債価格は下落した。新規失業保険申請件数が5年ぶり低水準となったことで労働市場の回復に対する期待が強まり、相場を圧迫した。暫定的な債務上限引き上げ法案が前日下院で可決され、株価がおおむね上昇したことも米国債への逃避買いが後退する要因となった。24日発表された1月19日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は予想に反して前週から減少し、2008年1月以来5年ぶりの低水準となった。ただ、この日行われた150億ドルの新発10年物インフレ指数連動債(TIPS)に強い引き合いが見られたことを受け、相場は安値から戻した。



<株式> ダウとS&Pが続伸した。S&P総合500はかろうじてプラス圏で終え、7営業日続伸となった。連騰記録としては2006年10月以来の長さとなる。アップル<AAPL.O>は12.4%急落。前日引け後に発表した10─12月期決算で、売上高とスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」の販売が市場予想を下回ったことが嫌気された。オンラインDVDレンタルのネットフリックス<NFLX.O>は42.2%急騰。前日引け後に発表した四半期決算は、国内外で契約者数が400万人近く増えたことを背景に予想に反して黒字となった。24日午前時点のトムソン・ロイターのデータによると、決算発表済みのS&P構成銘柄133社のうち、66.9%が予想を上回った。



<金先物> 利益確定の売りなどに押され続落した。金相場が1700ドルの節目を破れず、ケイ線筋などが利益確定の売りを出した。また、ロングポジションの手仕舞い売りを出す動きもあったという。朝方発表された米新規失業保険申請件数や12年12月の米景気先行指数はともに市場予想を上回ったが、反応は限定的にとどまった。アイアン・ビームの貴金属アナリスト、ショーン・ラスク氏は「きょうは多くの市場参加者がよりテクニカルな理由から手仕舞い売りや利益確定の売りを出した。近日中に1665ドル付近にある下値支持線を下回るかどうかが重要になってくる。下回れば1645ドル程度まで下落するだろう」と述べた。



<原油先物> 世界的な景気改善期待や対ユーロでのドル下落による割安感を追い風に反発した。米週間新規失業保険申請件数は5年ぶりの低水準に改善。12年12月のコンファレンス・ボード景気先行指数も0.5%上昇。米景気回復期待が強まり、リスク資産に買いが入った。また、ニューヨーク市場の取引開始までに1月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)速報値と同月のHSBC中国製造業PMIが発表され、いずれも比較的良好だったことから世界経済の先行きに楽観的な見方が広がった。加えて、外為相場ではドルがユーロに対して弱含んだためドル建て取引の原油に割安感が浮上し、買いに拍車を掛けた。



[東京 25日 ロイター]










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130125-00000037-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【只今ライブ配信中】金次郎システム~SnakeFX~


テクニカル慶次の「FX荒稼ぎプログラム」


FX伝承~タムラ式マンツーマンコンサル&レッスン~
なぜ、喜ばれるビジネスをやらないのですか?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/524-f837d150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)