Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ダウ、5年1カ月ぶり高値=決算や債務上限懸念緩和で〔米株式〕(18日)☆差替

なぜ、喜ばれるビジネスをやらないのですか?



無料メールセミナー
Name: 
Email: 



ダウ、5年1カ月ぶり高値=決算や債務上限懸念緩和で〔米株式〕(18日)☆差替


時事通信 1月19日(土)7時0分配信







 【ニューヨーク時事】週末18日のニューヨーク株式相場は、好決算の企業を中心に買いが優勢となり、優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比53.68ドル高の1万3649.70ドルと続伸、2007年12月以来、約5年1カ月ぶりの高値で終了した。米野党共和党が連邦債務上限の一時的な引き上げを認める見通しになり、投資家の懸念が緩和したことも上昇につながった。ハイテク株中心のナスダック総合指数は同1.29ポイント安の3134.71で終わった。

 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比2億7494万株増の9億8343万株(暫定値)。

 米企業決算では、17日夕公表した半導体大手インテルは減益で、見通しも市場の期待に届かなかった一方、18日朝発表した複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)や金融大手モルガン・スタンレーの業績は予想を上回った。このため、朝方は売り買いが交錯し、小幅な値動きとなった。

 その後、米メディアが、野党共和党が連邦債務上限を3カ月間分引き上げる法案を来週下院で採決することを決めたと報道したことで、デフォルト(債務不履行)への懸念が後退。ダウ平均は引けにかけて上昇した。市場関係者からは、「予算削減の交渉本格化はこれからだが、一時的であれ債務上限の引き上げはプラス材料」(準大手証券)との指摘が聞かれた。

 個別銘柄ではGEは3.5%高、モルガンは7.9%の大幅上昇で終了。ダウ銘柄ではキャタピラーが2.0%高、デュポンが1.4%高と景気敏感株の上げが目立った。一方、インテルは6.3%の急落。来週決算を控えたアップルは0.5%下げ、500ドルちょうどで引けた。(了)







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130119-00000006-jijc-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



『夢リンク5000』5,000個のリンク集にあなたのホームページの広告を一括自動書込み登録をするツールです!一気に5,000個の被リンクができるんです!【再販権&四大特典&プラス(?)付】


アバター・モバイルテンプレート


アフィリエイト!情報販売!物販などのネットショップや自身のオフィシャルサイトに今すぐ使えるテンプレートセット&ホームページ作成技術修得マニュアル(無料修正+SEOマニュアルをプレゼント)




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/491-e1fb92e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)