Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

日本がGDPで中国を再び抜き去ることは可能か(1)=中国報道

なぜ、喜ばれるビジネスをやらないのですか?



無料メールセミナー
Name: 
Email: 



日本がGDPで中国を再び抜き去ることは可能か(1)=中国報道


サーチナ 1月15日(火)8時8分配信







 日本メディアはこのほど、日本の経済成長目標はGDP成長率3-4%を毎年実現するだけではなく、最終的にGDPで中国を抜き返すことだと伝えた。安倍首相の就任以降、日本は全力で経済回復と発展に取り組んでいるが、中国を抜き返すことは本当に可能だろうか。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は同記事より。



**********



 海外メディアは、巨額の海外資産が日本経済再生の原動力になると推測しているが、これらの要素は現在も十分な力を発揮しておらず、日本経済は依然として苦境から脱していない。



 過去1年間、日本電機大手が相次いで衰退し、対中輸出額にも減少が生じた。日本はすでに、中国5位の貿易相手国に順位を落とした。見識のある人ならば経済データを見るまでもなく、日中経済成長に関する大体の状況を推し量ることが可能だ。円相場は近年大幅に上昇し、日本の米ドル換算のGDPもある程度成長したが、これらのデータだけは日本経済が短期間内に中国の成長ペースを上回ることを証明できない。



 それでは、日本は何を根拠に中国を追い抜こうというのか。これは安倍内閣の経済政策に対する実務的かつ強気な姿勢と関連している。日本経済は長期的な低迷に陥っており、世論は首相の頻繁(ひんぱん)な交代、消極的な経済政策に対して身にしみる痛みを覚えている。



 安倍内閣は発足後に力強い政策を迅速に推進し、景気刺激に向けて10兆円を投じる方針を固め、日本社会の期待が集まった。安倍首相の経済政策・方針も大胆で、過去の日本政府および日本銀行の保守的かつ緊縮的な金融政策を改め、大規模な貸付、公共投資、製造業支援などの補助的な措置を実施する。日本がまもなく突入する「アベノミクス時代」に期待が集まり、これを中国を追い抜く根拠としているようだ。(つづく)(編集担当:米原裕子)







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130115-00000001-scn-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【本日23時59分で豪華特典消滅!】 コブラ


【本日23時59分で豪華特典消滅!】 コブラ


文章自動作成ツール(PSW健康・医学版):7ジャンル別、2業種別、個人別の文章を無限に作成するパーフェクト・サテライト・ライター“PSW”




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/468-1ac3bf40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)