Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

コカ・コーラ、景気回復期待高まる中国がカギ、株価は上場来高値へ

クリック!なぜ、あなたのビジネスは失敗に終わったか?



オプトインアフィリエイトとは


無料メールセミナー
Name: 
Email: 




コカ・コーラは世界最大のノン・アルコール飲料会社。米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイが主要株主。炭酸飲料や清涼飲料水が全売上高の7割を占め、営業利益の8割を海外で稼ぐ。同社の主要ブランドは、炭酸飲料であるコカ・コーラスプライト、「水」ブランドのダサニ、機能性飲料のパワーエイド、果実飲料のミニッツメイドなど。同社最大のボトリング会社であるコカ・コーラ・エンタープライジズ(CCE)の北米事業を10年に取得、現在北米における流通の約8割を握る。

<トピックス>

 同社は仏製薬大手サノフィと美容飲料事業で提携、サノフィ美容ブランドの新飲料を発売すると発表した。健康志向が高まるなか、コカ・コーラはゼロカロリーや低カロリー商品の拡充を図っており、美容飲料という新しいジャンルにも注力する。一方、サノフィは後発医薬品の台頭で失った主要医薬品の売上高を補完するためドラッグストアの拡大を推進しており、美容飲料への注力もこの流れに沿ったものだ。

<業績・株価判断>

 同社の12年7-9月期の売上高は前年同期比0.8%増の123億ドル、為替の影響を除いた売上高は同6%増だった。多くの新興国を中心に販売数量は堅調に推移したものの、ドル高が収益を圧迫。営業利益は同1.4%増の27.9億ドル、純利益は同3.9%増の23.1億ドル。調整後1株利益は0.51ドルと市場予想に一致した。地域別の出荷量では、北米市場が全体をけん引。インドではコカ・コーラスプライトのブランドが伸びたことから15%増と2ケタの伸びを見せた。一方、景気減速が鮮明となった中国の売上高も2%増にとどまる結果となった。

 ただ、今後は伸び悩んだ中国の回復が期待できる。市場では中国の7-9月期が景気の底とされているうえ、中国政府が内需拡大に注力する方針を示していることも追い風。中国が含まれるパシフィックの11年売上高に占める割合は全体の11%と北米(44%)の次に高い重要な地域だ。

 昨年実施した北米での値上げなどが奏功し好調な業績を背景に年初から株価は上昇基調が続いていたが、5月以降は38ドルを挟んだもみ合いが続く。株価の一段高には業績拡大期待の高まりが不可欠だが、カギとなるのはやはり中国。中国の12年10-12月期GDP(国内総生産)成長率が1月中旬に発表され、7-9月期が景気の底と確認できればそのタイミングで株価は上昇トレンドに回帰する可能性がある。目標株価は1998年の上場来高値44.4ドル。


http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20121228-00010001-biz_mos-nb
※この記事の著作権は配信元に帰属します



SEO対策済みテンプレート&簡単!URL短縮法


王道のSEO対策


オーバーチュア審査攻略ノウハウ本 集客王
クリック!インターネットで成功する唯一の方法!




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/376-7e1bac8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)