Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

銘柄パトロール:トヨタ自動車、ファーストリテイリング、三井住友FG、野村HDなど

クリック!なぜ、あなたのビジネスは失敗に終わったか?



オプトインアフィリエイトとは


無料メールセミナー
Name: 
Email: 



銘柄パトロール:トヨタ自動車、ファーストリテイリング、三井住友FG、野村HDなど


サーチナ 12月27日(木)12時16分配信







 トヨタ自動車 <7203> 3935 +105

 続伸。年初来高値を再び更新する勢いだ。株価は110円高の3940円まで上昇する場面があった。同社が発表した内容によると、トヨタグループ2013年の世界生産台数の計画を994万台とする。日本国内での販売減少に加え中国の反日デモの影響で1000万台計画は見送りになった格好。海外投資家はクリスマスから年末年始の休暇の為、ここ数日間の上昇は国内勢の買いが観測されているとの話が聞かれた。



 ファーストリテイリング <9983> 21390 +220

 年初来高値を更新、一時390円高の21560円まで上昇する場面もあった。日経平均株価が年初来高値を更新しており、指数インパクトの大きい銘柄へ買い需要が発生している模様。証券トレーダーによると、外国人投資家は休みが多く、今日の買い主は国内機関投資家だという。ただ、アナリストの一部からは中国反日デモの影響や海外店舗の売上・利益がはっきりするまで時期尚早という慎重論もあるようだ。



 三井住友FG <8316> 3115 +30

 年初来高値を更新。日本株を取り巻く環境が急激に好転しているため、買いが買いを呼ぶ格好。寄り付き前の外資系証券注文状況では、同社株や三菱UFJ <8306> などに売りが観測されたが、引き続き買い方有利の展開。国内調査センターでは同社株のレーティング「2」を継続している。



 野村ホールディングス <8604> 497 +26

 日経平均株価が年初来高値を更新、相場環境はすこぶる好調、こうした地合いで証券株の年初来高値更新をする銘柄が多く見られるようになった。業界ナンバー1の野村HD <8604> 、ナンバー2の大和証券グループ本社 <8601> への買い需要はかなり旺盛だという。安倍政権が金融緩和、経済政策に積極的なことから景気敏感株の代表格でもある証券株には人気が継続するという意見が多い。大手証券だけでなく、岡三証券グループ <8609> 、丸三証券 <8613> 、東洋証券 <8614> 、東海東京HD <8616> 、光世証券 <8617> 、水戸証券 <8622> 、松井証券 <8628> 、だいこう証券 <8692> 、マネックスグループ <8698> など数多くの証券株が年初来高値を更新している。



 GSユアサ <6674> 342 +10

 3日続伸。日本株そのものが買われる中、同社株にも買いが波及する格好で堅調推移。国内中堅調査センターの投資判断格上げも好感されているようだ。同調査センターのレポートでは、アイドリングストップ機能が付いた車種の拡大により、バッテリーへの負担が飛躍的に増加、買い替え需要が膨らむと指摘。経常利益は14年3月期に前期比50%増、15年3月期に34.4%増と予想し、レーティングを「2」から「1」に引き上げている。



 メガネトップ <7541> 1044 -9

 下げに転じる。ただ、株価は25日移動平均線をサポートに底堅い展開を続ける中、連日で英系大手証券の買いが観測されているなど、同社株価を取り巻く環境は明るい。テクニカル的には目先は10日高値の1110円が意識されそうで、長期的には09年9月高値1200円も視野に入りそうな勢いだ。



 関東電化 <4047> 193 +11

 急騰、株価は一時17円高の199円まで買われ出来高急増ランキング入りとなった。古河系の同社、投資家は主力大型株の年初来高値更新する銘柄を横目に、出遅れ銘柄を探す循環物色になっている。同社はPBR1.24倍、株価は100円台と手掛けやすい株価水準も手掛かり材料のひとつとなる。テクニカル面では、高値もみ合いから上放れで第二段の上昇に入ったという意見も聞かれた。



 三井不動産 <8801> 2126 +46

 大手不動産3社が軒並み年初来高値を更新、株価2000円台の節目を余裕で越えてくる展開となった。三井不動産 <8801> は2128円まで上昇、三菱地所 <8802> は2029円まで上昇、住友不動産 <8830> は2826円までの高値を記録した。財閥系は都心の優良物件を多く保有していることや、含み資産の価値上昇、スケールメリットを生かしたマネジメント戦略などに優位性があることが評価されている。



 ミクシィ <2121> 191100 +4100

 反発。特に材料は観測されていないものの、日本株全面高の動きに逆行するように、昨日まで日足陰線10連発を記録するなど激しく売り込まれたため、リバウンドやリターンリバーサルを狙った買いが優勢となっている。同社株においては、今月に入り目標株価引き上げが相次ぐ格好。9日には国内中堅が152000円から182000円に、13日には国内大手が125000円から200000円、米系大手が180000円から206000円に、17日には欧州大手が120000円から212000円に変更していた。



 大幸薬品 <4574> 860 +5

 反発の展開。各メディアでノロウイルスの猛威が報じられる中、感染防止製品の「クレベリン」の売上高が12月に入ってから急増していると伝わり、買い人気化。国内中堅証券では、同社株のレーティング「B+」を継続、目標株価を800円から960円に引き上げている。(編集担当:佐藤弘)







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121227-00000017-scn-biz
※この記事の著作権は配信元に帰属します



商用可♪医院病院MT4.2用10種類パック!SOHO・WEB制作会社の方もお利用ください。業種に特化したMT4.2対応のテンプレート決定版!今話題のCMSでの受注も可能です。SEO対策済みです!


商用可♪カフェスウィーツ等MT4.2用10種類パック!SOHO・WEB制作会社の方もお利用ください。業種に特化したMT4.2対応のテンプレート決定版!今話題のCMSでの受注も可能です。SEO対策済み!


商用可♪会社・企業MT4.2用10種類パック!SOHO・WEB制作会社の方もお利用ください。業種に特化したMT4.2対応のテンプレート決定版!今話題のCMSでの受注も可能です。SEO対策済み!
クリック!インターネットで成功する唯一の方法!




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/365-11bc5982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)