Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

セールスレターの例文はインフォトップが一番

仕事がつまらない理由!
仕事がつまらない理由は、自分で決めてやっていないからです。

私も子供のころを思い出したら、母親によく

「勉強しなさい!」と言われたものです。

結果、勉強したかと言えば、まったくしませんでした。

そして、勉強しているフリをしてました。

仕事でも同じことが言えますね。

会社の上司に仕事を命令されると、なぜかやる気が出ない。

だから、仕事をやっているフリをする。生産性がまったく上がらない。

結果、上司に怒られる。

ますます、やる気をなくす。悪循環です。

本来なら、部下を持つ上司は、部下に命令してはいけません。

部下が自主的に仕事を率先してやるように、上手に持っていくのです。

まず、部下にわくわくするような目標を設定させる。

そして、その目標を達成するために、やるべき仕事を気づかせる。

そして、部下の自主性に任せる。

それなら、仕事がおもしろくなるはずです。

もし、今の会社にそれが期待できないのなら、

ネットワークビジネスなどをやる時期なのでは、ないでしょうか?

無料メールセミナーはこちらです



何を売るにしても、ネットビジネスで稼ぐスキルは必要だ。

それが、売れるセールスレターを書くスキル。

ネットワークビジネスでもインターネット展開が当たり前になった今、

売れるセールスレターのスキルがないとなかなか成功できない。

極端な話、売れるセールスレターさえ書ければ、それで十分稼ぐことができる。

しかし、売れるセールスレターが書けるようになるには、

2年間、それだけに時間を投資しなければスキルは身につかない。

そのためには、売れているセールスレター例文として、真似るのがベター。

そこで、問題になるのが売れるセールスレターの見分け方。

いくら、例文を真似たからって、売れないセールスレターを真似れば、

売れないクセがつく。

2年間、売れないセールスレター例文として真似していたらどうなるか。

売れるセールスレターを書けるようになるまで、5年、10年あっという間だ。

最初から売れるセールスレター例文として真似ること。

売れるセールスレターは、どこにあるのか。インフォトップがいい。

インフォトップで売れている情報商材のセールスレター例文として真似ること。

インフォトップで売上げベストテンのセールスレターを真似れば間違いないだろう。

そして、押さえておきたいポイントは、「人間は損を極端に嫌う」

購買動機の第一は「今買わないと損する」というもの。

だから、いいセールスレターには必ず、「今買わないと損する」という仕掛けがある。

ネットワークビジネスも同じで、「今やらないと損する」という演出をする。

だから、日本に上陸したばかりのネットワークビジネスは爆発しやすい。

そういったスキルをタダで習得するには、インターネットでネットワークビジネスを

するのがベターだと思うのだが、どうだろうか?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/262-19447c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)