Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

不規則な生活とうつ病

クリック!なぜ、あなたのビジネスは失敗に終わったか?

20111211172433636.jpg


なぜ、うつ病になったのか、ずっと考えていた。

やはり、不規則な生活が原因の一つかもしれない。

今は、辞めたけど、むかしは、ゼネコンの現場監督をしていた。

ゼネコンの現場監督の職場環境は、今、思い出すと最悪だった。

職場である建築現場は、建物が着工してから竣工までで、ころころ変わる。

そして、だいたい、住まいから遠いし、不便な場所が多い。

通勤時間、片道2時間弱、それでも、地下鉄の駅から歩いて5分のマンションに住んでいた。

朝礼が8時からあるので、その10分前には、現場に到着しなければいけない。

すると、6時前に家を出る必要がある。

朝食は、パンとコーヒー。昼食は、弁当屋の弁当。

勤務時間終了時間の定時は、17時だけど、そこからが長い。

不幸な現場に当たると22時まで、徹夜もある。

もちろん、残業代はつかない。

早く、仕事を片付けても、変な仲間意識が働いて、自分だけ早く帰宅するわけにはいかない。

自分だけ早く、帰宅するようになると、イジメに会う。

家に着いたら、24時。夕食は、何を食べていたのか覚えていない。

どこでもドアが欲しい。だけど、ほんとうに欲しいものは、どこにも売っていない。

こんな生活もうつ病になった原因なのだろう。

仕事以外、何もない人生だ。仕事も楽しくない。

こういった人生を歩んでいる人には、インターネットワークビジネスが必要だ。

しかし、そういった情報が入ることはなかった。

でも、今は違う。これだけ、インターネットが普及すれば、インターネットワークビジネスの情報を拾うチャンスがある。

仕事中でもちょっとさぼって、インターネットを使ってもバチは当たらない。

それ以上のサービス残業をしてるのだから。

そうして、僕もインターネットワークビジネスの情報を拾った。

情報を拾っても、実行するには、環境を変える必要がある。

1日に1時間から2時間の自由な時間を捻出できるか。

テレビを見る余裕のある人は、テレビを見るのを辞めるだけでいいので簡単。

そうじゃない人は、まず、転職すること。

一時的には、給料が下がるけど、長い目で見れば、うつ病に苦しむことを思えば、その方が正解。

そして、じっくり、インターネットワークビジネスをやる時間を作ろう。

規則正しい生活をしながら、インターネットワークビジネスに励んだ方が成功しやすい。

クリック!インターネットで成功する唯一の方法!




コメント

わたしもかなり鬱歴長いですが、漸く落ち着いて来ましたよ。薬も最小限に留めています。

  • 2012/09/12(水) 17:20:36 |
  • URL |
  • 俊樹 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/142-e434d5ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)