Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ライフサイクル仮説とインターネットワークビジネス

クリック!なぜ、あなたのビジネスは失敗に終わったか?

20111211172433636.jpg


C=W/T+B/T*Y

ライフサイクル仮説とは、人が消費するお金は、生涯に稼ぐお金と死ぬまでの期間、持っている資産によって決まるという仮説。

C 1年間に使うお金

W 資産

T 死ぬまでの期間

B 働ける期間

Y 1年間に稼ぐお金

これで、バブル時の大量消費や最近の貯蓄率低下が説明できるという。

バブル時は、資産であるWが大きく値上がりしたので、Cの消費量が増えた。

最近は、団塊の世代の退職で、蓄えていたお金を取り崩す層が増えて、貯蓄率が3%まで低下。

ここで、大きな疑問。

人は、何歳まで生きるかわからない。

確かに、寿命がわかっていたら、どれくらいのペースでお金を使えばいいかわかる。

問題は、長生きのリスクにどう備えるかということ。

生活保護で凌ぐという方法もある。しかし、国の財源がなくなってどうなるかわからない。

そこで、インターネットワークビジネスが脚光を浴びてくる。

インターネットワークビジネスは、団塊の世代にこそふさわしい。

若者は、汗水たらして働けばいい。

インターネットワークビジネスの商材であるサプリメントも若者には必要ない。

生きている間だけでも元気でいたいという団塊の世代にふさわしい商品だ。

団塊の世代が、現役を離れた今だからこそ、インターネットワークビジネスで稼いでもらいたい。

頭を使うことは、ボケ防止にもなって、一石三丁。

クリック!インターネットで成功する唯一の方法!




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/141-a0d2c812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)