Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ネットワークビジネス研究者24

人生は死ぬまで続くゲーム。

だから、面白いゲームのように生きれば、人生も面白くなる。

ということは、人生が100%うまくいくことはありえない。

落とし穴もあるし、あっちこっちに地雷も埋まっている。

史上最年少の美濃加茂市長が受託収賄の罪で検察に懲役刑を求刑された。

争点は現金30万円をもらった見返りに業者に便宜を払ったかどうか。

美濃加茂市長は一環して無罪を主張。

この場合、検察が求刑した時点で99%有罪になる。

真実がどうだったかは、証明しようがないから。

検察の威信を守るために、よっぽどの証拠がない限り有罪になる。

それはいい悪いの問題ではなくて、藤井市長は人生で地雷を踏んだ。

史上最年少の市長という栄光と受託収賄の罪という挫折。

山高ければ谷深し。

それはライブドア事件のホリエモンの有罪判決でも起こったことで、

問題はそこからどう立ち直るかの試練が人生に与えられた。

それをゲームのように楽しめるか、腐ってしまうかで、

人生の質が決まってしまうと言ってもいい。

何かに挑戦すれば、必ず障害があるのは当たり前で、

それを乗り越えていくことがゲームのように楽しければいいではないか。

だから、ネットワークビジネスもゲーム感覚で一つずつクリアしていけばいいのでは。

人生をゲームのように楽しめるか、ネットワークビジネスで試してみよう




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1397-e8a8016e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)