Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ネットワークビジネス研究者17

ポーターのファイブフォース分析をいうフレームワークがある。

自社を中心に5つの競争要因を分析して競争を回避して生き残る。

それが、1、新規参入の脅威 2、業界内の競争 3、代替品の脅威

4、買い手の交渉力 5、売り手の交渉力で、

それらに注意しなければいけない。

新規参入があればライバルが増えるので儲からなくなる。

業界内で自社は有利な立場にいるのか。

他に似たような物が現れれば、自社製品は売れなくなる。

お客さんは素直に買ってくれるか。

仕入れ先は対応してくれるか。

それらを分析するのがファイブフォース分析で、それらを強化するように企業は行動する。

労働者も同じようにファイブフォース分析をして、競争を回避して生き残るすべが必要。

自分の仕事に多くの人が参入していないか。

その仕事で自分は有利な立場にいるのか。

自分の仕事はロボットに置き換えられないか。

スキルアップできる環境にいるか。

賃金の交渉力はあるか。

おそらく、ほとんどのサラリーマンに賃金の交渉力がないのが実情だろう。

理由はお客さん(会社)一つに依存しているから。

そこで、お客さんを増やす必要に迫られているわけだ。

そのお客さんを増やす方法の一つがネットワークビジネス。

会社をリストラされても困らない状況にするのが労働者として、

有利に仕事する上での最低条件だと言ってもいいだろう。

労働者は一つの会社には依存してはいけない




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1390-d2d49f81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)