Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ネットワークビジネス研究者12

GDPとは、何でしょう?

今回の解散総選挙の理由はGDPが予想以上に悪かったから。

なぜ、GDPの悪化が解散総選挙に繋がったのか?

それは、GDPが何なのか知らなければわからない。

ところが、GDPが何なのか知っている人は以外と少ない。

GDPは国内総生産という。

ある期間内にどれだけ、物やサービスを国内で生産したかを集計した数値。

それがGDP。GDPが増えれば、景気がよくなっているし、

GDPが減れば、景気が悪くなったことを示している。

今回その数値が予想以上に悪かった。

生産は消費と財政出動と民間投資で支出され、それは一致する。

ここでのポイントはお金をいくら貯め込んでもGDPとは無関係。

GDPを増やすためには消費か財政出動か民間投資を増やす必要がある。

まず消費、現在3割の人が貯金ゼロ。

そういった人は消費税増税でそれを負担するので、消費を減らすことになる。

財政出動は、国の財政面からこれ以上増やすには、消費税増税ということで、

消費を減らすので難しい。

最後に民間投資、大企業の余剰金や国民の貯金が投資に回ればいい。

これは、かなり期待できる。

しかし、投資といっても株式投資はGDPには貢献しない。

生産に結びつくものが本来の投資でGDPに貢献する。

個人が消費以外で少しでもGDPに貢献しようと思えば、

ネットワークビジネスという選択肢があるわけだ。

GDPを増やすネットワークビジネス




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1385-2b3d3513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)