Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ネットワークビジネス研究者6

お金はフローで考えよう。

宝くじで3億円当たった人が破産するのは、お金をフローで考えていないから。

フローというのはお金の流れで、ストックで3億円持っていても貧乏人という概念。

実際、景気を計るGDPも1年間で作った付加価値。

お金を出資して、その出資以上のリターンが付加価値。

労働者の賃金も付加価値に含まれている。

だから、出来るだけ高賃金で働くことはGDPに貢献していることになる。

一方、宝くじで3億円当たっても、お金を上手に運用しなければ、

お金を殺すことになって、必ず制裁を受けることになる。

なぜ、そんな危険なものを売っているのか、よくわからない。

それで、キャッシュフローゲームというのがあって、

ネットワークビジネスをやる必要性が理解できるゲーム。

ネットワークビジネスはお金が入ってくる仕組み作りを個人レベルで体験できる。

結局、仕事といってもその仕事の成果に対して、

最終的にお金を支払ってくれる人の存在が必ず必要で、

存在しなければ仕事そのものも、消滅することになる。

どんなに難易度が高くて、訓練を要する仕事でもロボットで代替え可能なら安心できない。

それより、お金が入ってくる仕組みづくりにお金と時間を投資したら、

そういった仕組みづくりが理解できれば、お金にも困らないし、

経済にも貢献できるわけだ。

というわけで、ネットワークビジネスに参加することは有意義なことだと思う。

宝くじにお金を使うならネットワークビジネスのがまし




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1379-82f98496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)