Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ネットワークビジネス研究者4

経営陣に入らないと、仕事がなくなる時代と言われている。

ただ、言われたことをやるだけなら、ロボットに置き換えられていく。

人間でやってもらうか、ロボットに置き換えるか選択するのは、

経営者の仕事。

ロボットに置き換えても生産性が変わらず、コストが安ければ、

人間にこだわる必要はない。

企業は自社のことしか考えていないことが、最近、よくわかってきた。

アベノミクスの円安で大企業は企業業績を伸ばしている。

本来ならその業績向上分を従業員なり下請けに還元していれば、

消費税増税8%強行しても、景気は落ち込まなかったかもしれない。

単純に3割円安になれば、従業員の給料を3割上げて、

下請けへの支払いも3割上げればいい。

そうすれば、消費税増税分3%と円安での原材料のコスト増で多少値上げしても、

消費は落ち込みことはない。お金は回り回って、デフレからも軽く脱出できただろう。

だけど、企業はそういったマクロ視点では見ていない。

自社の業績がよくなって株価が上がりさえすればいい。

その延長線にあるのが、人間の仕事をロボットに置き換えていくことだろう。

企業経営者がそういった考えなら、それはそれで庶民はなんとか対抗しなくてはいけない。

そして、ゲリラ的に庶民が賢く生きる手段の一つがネットワークビジネスといっても、

言い過ぎではないだろう。

庶民はもっと賢くならなければ生きていけない




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1377-5183867e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)