Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

欧州市場サマリー(23日)



欧州市場サマリー(23日)


ロイター 7月24日(木)5時3分配信







[23日 ロイター] - <為替> ドルが対ユーロで8カ月ぶりに近い高値水準で推移した。ロシアに対する制裁強化が脆弱なユーロ圏諸国の成長に打撃を与えるとの見方がユーロの重しとなった。



ドル/ユーロ<EUR=>は前日の上昇に続き、23日もニューヨーク取引時間の早い段階でも、やや値を上げた。その後は横ばいの1.3465ドルで取引された。



主要6通貨に対するドル指数<DXY.>は横ばいの80.764だった。



ドルはポンドに対して0.16%上昇し、ポンド/ドル<GBY/>は1.7034ドルで取引された。7月の英中銀の金融政策委員会議事録は、年末までの利上げが始まるとの期待をさらに盛り上げるような内容ではなかった。



豪ドル/米ドルは0.60%上昇した。オーストラリア連邦統計局が発表した第2・四半期の消費者物価指数(CPI)が市場予想を上回ったことで利下げ観測が後退した。



<株式> ロンドン株式市場は、FT100種総合株価指数<.FTSE> が2.81ポイント(0.04%)高の6798.15とほぼ横ばいで取引を終えた。製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>の業績見通し下方修正が嫌気され、アウトソーシングのキャピタ<CPI.L>や資源大手BHPビリトン<BHP.AX>が買われたことによる株価の上昇を打ち消した。



GSKは通年の業績見通しを下方修正した。将来の配当にも影を落とすとして、株価は4.7%安と2008年以来の下落幅を記録した。



自動車排ガス浄化用触媒で世界最大手のジョンソン・マッセイ<JMAT.L>も1.2%下落。第1・四半期の基礎的な利益が11%低下したほか、ポンド高が予想以上の打撃になるとの見方を示したことが嫌気された。



一方、キャピタ<CPI.L>は上半期の自社収益が11%上昇したとの発表が好感され、4.8%上昇した。



鉱山株も買われた。BHPビリトンが通年の鉄鉱石の生産量が自社予想を上回り、複数の事業で生産性が上がるとの見通しを示したことが支援材料となった。



欧州株式市場は小幅高で取引を終えた。財務の健全性に懸念がもたれていたポルトガルの銀行大手バンコ・エスピリト・サント(BES)<BES.LS>に新たな投資家が現れ、同国のPSI─20指数<.PSI20>はドイツやフランスなど欧州の他の市場の株価指数を上回る伸びをみせた。



FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3>は1.94ポイント(0.14%)高の1375.69で取引を終えた。DJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E>は3.91ポイント(0.12%)高の3193.13だった。



PSI-20指数は103.79ポイント(1.65%)高の6377.43で引けた。



BESは株価が14.4%上昇。米ゴールドマン・サックスと米ヘッジファンドのD.E.ショウがBES株の計5%を取得したと発表したことが好感された。



欧州では17日に起きたマレーシア航空機撃墜以来、株式相場が下落傾向にある。米国や欧州は親ロシア派組織が誤射したと指摘しており、欧州連合(EU)は対ロシア制裁の強化を示唆している。ただ、今のところ、大幅な売りにはなっていない。



オランダの化学メーカー、アクゾノーベル<AKZO.AS>は第2・四半期の利益が市場予想を上回ったことが好感され、株価が3.9%上昇した。これにつられる形で、ライバルでドイツの化学・医薬品大手バイエル<BAYGn.DE>も0.5%上昇した。



<ユーロ圏債券> 独連邦債利回りが再び過去最低に迫った。欧州連合(EU)が対ロシア制裁を強化する構えを見せていることを受け、制裁によるユーロ圏経済への影響が懸念され、安全資産とされる独連邦債の投資妙味が高まった。



ただ成長をめぐる懸念が欧州中央銀行(ECB)の追加緩和につながるとの思惑も浮上。高利回り債を支援し、スペイン国債の利回りは過去最低を更新した。



EUは前日、外相理事会を開き、資本取引規制や防衛、エネルギー産業を対象とした対ロシア追加制裁案を週内にまとめるよう欧州委員会に要請した。



独10年債<DE10YT=TWEB>利回りは3ベーシスポイント(bp)低下の1.147%をつけ、2012年半ばにつけた過去最低の1.126%に迫った。ユーロ圏の他の高格付け債も利回りが同程度低下した。



イタリア10年債<IT10YT=TWEB>利回りは4bp低下の2.74%。スペイン10年債<ES10YT=TWEB>利回りは過去最低の2.547%をつけた。



同日公表の議事録で、イングランド銀行(英中銀)が早期利上げによる景気への影響を懸念していたことも高利回り債を下支えた。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140724-00000025-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ナイトエイトFX2014ロボットシグナル版


てっちん式鉄板トレンドFX


ナイトエイトFX2014ロボットシグナル版




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1362-24b9d6a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)