Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

もし日本の旅客機が襲われたら、日本株は?



もし日本の旅客機が襲われたら、日本株は? 


東洋経済オンライン 7月20日(日)8時0分配信




















写真を拡大
写真を拡大


もし日本の旅客機が襲われたら、日本株は? 



写真を縮小
写真を縮小


もし日本の旅客機が襲われたら、日本株は? 

今回の撃墜がマレーシア機ではなく、日本の旅客機だったら株式市場はどうなっていたか・・(7月6日以降豪州などを訪問した安倍首相、AP/アフロ)




 「何が起きるかわからないのが、マーケット」とはいえ、マレーシア航空機撃墜のニュースは衝撃でした。罪もない旅行者が298人も犠牲になり、紛争地帯がわれわれのすぐそばにあるということを、強く実感させられました。

【詳細画像または表】

■ 「もし日本の航空会社だったら・・」という恐怖



 しばらくは「ミサイルを発射したのが誰なのか」、罪のなすりあいが続くと思いますが、18日金曜日の落ち着いた日本株の動きを見る限り、投資家は、これによってウクライナ情勢の緊張感がさらに高まるとは思っていないようです。私も自粛ムードが出て、鎮静化に向かうのではないかと思っています。それでなければ犠牲者が浮かばれません。痛ましい事件ですが、日本のマーケットにとっては、限定的な材料と考えます。



 しかし、私がこのニュースを知った瞬間に思ったことは、犠牲者への哀悼の念と同時に、万々一、これが日本の航空会社だったらどうなっていただろうか、ということです。集団的自衛権論争が国内世論を2分している現在、国内系の航空会社だったら、おそらく安倍政権は、一気に「存続の危機」に立たされていたでしょう。



 それはアベノミクスと日本株式マーケットの崩壊に直結しかねません。マーケットは何が起きるか、本当にわかりません。経験豊富な個人投資家の皆さんはおわかりだと思いますが、ポジションには常に一定のリスク管理が必要です。十分に用心してください。どんなに強気でも、戦いには「7対3の構え」が重要です。まして今は、アベノミクスの期待と不安の中にあるのですから。





 さて、これらのことを踏まえつつ、冷静に相場を分析してみましょう。当面の相場はどうなるでしょうか。



 米国では企業業績や景気指標が順調なのに、金利が上がってきません。

中国やユーロ圏からの資金流入のため、とも言われていますが、とにかく米国経済にとっては極めて良好な環境が続いています。従って米国株は、多少の高値波乱はあってもトレンドが変わるような調整はないと考えられます。



■ 個別株物色意欲は衰えず、相場はジワリ底上げへ



 「米国次第」の日本株も、同様に考えて良いと思います。米金利低下では円安に期待が持てず、企業業績のみに頼ることになります。



 業績への期待感は、米国ではアルコア、日本は安川電機の決算発表で、最初のイメージができあがります。幸い、今回は両銘柄とも、順調なスタートとなりなりました。特に安川電機においては、中間期の会社予想について、見事な上方修正がありました(通期計画は据え置き)。



 3月本決算企業では、期初となるこのタイミングの業績修正は少ないと思いますが、逆に修正があった銘柄には人気が集中します。大物では23日(水)に日本電産、24日(木)には信越化学工業の決算がありますが、週末25日には一気に68銘柄が決算を迎えます。同日に発表される日本取引所グループの数字も影響するでしょう。



 出来高が示す通り、大物中心にマーケットがダイナミックに動くことは考えられず、「値動きの良い銘柄への、短期資金集中」と、「中小型株の割安出遅れ」の2本立てで、今週も動くと考えられます。この個別株物色の動きが、結果的には日経平均株価の底上げとなり、空売り筋の買い戻しを誘い、高値を取ってくると思います。「木が森を育て、大きくする」ということでしょうか。



 ウクライナやガザの地政学的リスクにはもちろん注意が必要ですし、先週の米国の住宅着工件数が悪かったので、今週は22日の米国の6月中古住宅販売に注目です。また、24日の7月のHSBC中国PMI(購買担当者指数)も無視できません。日経平均株価は、下値は200日移動平均線が位置する1万4900円、上値は25日移動平均(1万5273円)からの上方かい離1%である、1万5450円を予想します。





平野 憲一







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140720-00043212-toyo-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になりたい小学生・中学生や、その指導者へ~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】


ハンドボール上達革命~勝つための効率的練習法~【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】


スパイク上達革命【元・全日本代表エースアタッカー加藤陽一 監修】




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1359-4aa585b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)