Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

欧州市場サマリー(22日)


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



欧州市場サマリー(22日)


ロイター 11月23日(土)8時43分配信







[22日 ロイター] -



1542GMT       21日終盤



ユーロ/ドル <EUR=> 1.3525/27       1.3481



ドル/円   <JPY=> 101.15/18      101.15



ユーロ/円  <EURJPY=> 136.81/87       136.37



22日終値    前営業日終値



株 FT100 6674.30(‐7.03)    6681.33



クセトラDAX    9219.04(+22.96)    9196.08



金 現物午後値決め    1246.25         1240.00



(カッコ内は先物が欧州市場の前営業日終値比、現物が前営業日終盤)



先物清算値



3カ月物ユーロ(12月限)   99.77 (‐0.01) <FEIZ3>



独連邦債2年物(12月限)  110.52 (‐0.07) <FGBSZ3><0#FGBS:>



独連邦債5年物(12月限)  125.02 (‐0.17) <FGBMZ3><0#FGBM:>



独連邦債10年物(12月限) 140.95 (‐0.03) <FGBLZ3><0#FGBL:>



独連邦債30年物(12月限) 124.22 (+0.24) <FGBXZ3><0#FGBX:>



現物利回り



独連邦債2年物       0.125 (0.086) <DE2YT=TWEB><0#DE2YT=TWEB>



独連邦債5年物       0.688 (0.662) <DE5YT=TWEB><0#DE5YT=TWEB>



独連邦債10年物      1.748 (1.744) <DE10YT=TWEB><0#DE10YT=TWEB>



独連邦債30年物      2.671 (2.692) <DE30YT=TWEB><0#DE30YT=TWEB>



<為替> ユーロが対円で4年ぶり高値をつけた。11月の独IFO業況指数が2012年4月以来の水準に上昇し、ドイツ経済の回復継続を示唆する内容となったことが追い風となっている。



ユーロ/円は一時136.99円まで買われた。ユーロは対ドルでも続伸している。



ドル/円は日銀の緩和長期化観測や日本株高を背景に4カ月半ぶり高値となる101.35円をつけた。



<株式> ロンドン株式市場は小幅安で終えた。業績の先行き懸念から鉱山株が売られ下げを主導したほか、ノルウェーの富豪ジョン・フレドリクセン氏の投資引き揚げを嫌気しTUIトラベル<TT.L>が7.8%急落した。



FT100種総合株価指数<.FTSE>は、週間では0.3%安で、3週連続の下落となった。



鉱山株指数<.FTNMX1770>は1.3%安。ベダンタ・リソーシズ<VED.L>は3%下落。BHPビリトン<BLT.L>は1.7%、リオ・ティント<RIO.L>は1.6%それぞれ値を下げた。



レッドメイン・ベントレーの投資マネジャー、ティム・ホワイトヘッド氏は、コストの高止まりに加え、商品(コモディティ)価格の弱含みで「資源大手の利益が圧迫されるというのがコンセンサスのもよう」とし、鉱山株を手放す動きが出ていると指摘した。



ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>とS&P総合500種<.SPX>が今週、そろって最高値を更新するなど、市場では高値警戒感が出ているとしている。



欧州株式市場は小反発。レンジ取引が続くなか、投資家は一段の上昇につながる新たな材料を模索している。



FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3>は1.31ポイント(0.10%)高の1296.92。



DJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E>は11.64ポイント(0.38%)高の3055.98。出来高は90日平均の40%程度と低かった。



スイスの運送業者キューネ・アンド・ナーゲル<KNIN.VX>が3.1%高となった。ゴールドマン・サックスの投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に引き上げた。



ホテルやコーヒー店を展開するウィットブレッド<WTB.L>は3%上昇。JPモルガンが、英経済への楽観的な見方から投資判断を「オーバーウエート」に引き上げた。



一方、ベルギーの医薬品・化学・プラスチックメーカー大手ソルベイ<SOLB.BR>は2.5%下落。JPモルガンが同社の投資判断を「アンダーウエート」で再開した。



ユーロSTOXX50ボラティリティー指数<.V2TX>は一時2007年初め以来の低水準となった。中銀の緩和継続表明でボラティリティーは抑えられており、投資家が株価に対して楽観的な見方を維持していることを示している。



<ユーロ圏債券>  ポルトガル国債利回りが低下した。景気回復が続いていることを示す同国の指標を好感した。



国際機関が向こう数週間以内に支援に関する見直しを終わらせ、同国を評価するとの観測も、国債利回りの下押し要因だ。



1─9月のポルトガル経常収支は10億1600万ユーロの黒字で、赤字だった前年同期から黒字化した。



ポルトガルは景気回復に伴い、来年中盤ごろの支援脱却を目指している。



ポルトガル10年債利回りは11ベーシスポイント(bp)低下して5.98%。同じく支援を受けたギリシャの国債利回りは13bp上昇して8.81%で、ポルトガル国債がアウトパフォームした。



ドイツ連邦債先物は、ほぼ変わらずの140.95で清算した。ただ、週間では下落、10年債利回りは横ばいの1.75%だった。



ドイツのIFO経済研究所が発表した11月の独業況指数が予想を上回り、昨年4月以来の高水準となった。独景気の着実な回復を示した。



一方、短期債はアンダーパフォームした。独2年債利回りは4bp上昇して0.13%、5年債利回りも2.8bp上がって0.69%だった。



コメルツ銀行の金利ストラテジスト、デービッド・シュノーツ氏は、IFO独業況指数がかなりの高水準となったことで、欧州中央銀行(ECB)が追加の金融政策を講じるとの過度の期待がしぼみ、償還期間が5年以下の連邦債に売り圧力が掛かったと分析する。



ただ、ECB関係者らは今週、景気を下支えする追加策の可能性を排除せず、引き続きユーロ圏債券の追い風となりそうだ。



RIAキャピタル・マーケッツのストラテジスト、ニック・スタメンコビック氏は「ドイツ連邦銀行は(ECBの追加金融政策に)明らかに反対の立場で、デフレ圧力が見られなければ、ECBは当面、政策を据え置くというのが最も考えられるシナリオだ。債券市場には追い風となろう」と指摘した。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131123-00000019-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



持田有紀子の必勝トレード!モチトレ!


One Minute's FX TAMURA式・FX1分足トレード法 ワンミニFX


FXフィボナッチトレーニング解答集




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1334-5c009859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)