Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

現状の資産市場バブルではない、動向を注視=黒田日銀総裁


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



現状の資産市場バブルではない、動向を注視=黒田日銀総裁


ロイター 11月22日(金)9時38分配信










現状の資産市場バブルではない、動向を注視=黒田日銀総裁


11月22日、日銀の黒田東彦総裁は、現在の株式・資産市場について「バブルは生じていない」と明言した。写真は21日、日銀で撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)





[東京 22日 ロイター] -日銀の黒田東彦総裁は22日、衆院財務金融委員会に出席し、現在の株式・資産市場について「バブルは生じていない」と明言した。ただし資産市場の今後の動向については十分注視したいと付け加えた。



民主党の前原誠司委員への答弁。



黒田総裁は為替について「2008年のリーマン・ショック以後の異常な円高が修正されており、バブル的な円安ではない」と述べた。円安の輸出刺激効果が出ていないのでは、との質問に対しては「輸出数量の勢いが欠けるのは事実」と指摘した。



金融緩和の出口戦略について「現時点で具体的に詳細を述べるのは時期尚早」としつつ、一般論として「国債償還(による残高減少)、資金吸収オペ(公開市場操作)、付利の引き上げなどがある」と列挙した。



景気の現状について「4月以降想定より外需は弱め、内需は強めで結果的に概ね予想していた形」と指摘。今後は内需が堅調ななか外需も緩やかに増加し、消費増税に伴う駆け込みや反動を経ても潜在成長率を上回る成長により需給バランスが改善し、 2015年度までに物価目標の2%を達成する可能性が高いと指摘した。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131122-00000043-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ゴリラFX半自動売買


GodScalpingRobot~5通貨対応 FX自動売買ソフト~


デイトレスウィングMT4シンプルトレンドライン




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1333-8c31dd27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)