Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

中国株(終了):7週間ぶり大幅安-3中総会に失望


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



中国株(終了):7週間ぶり大幅安-3中総会に失望


Bloomberg 11月13日(水)17時4分配信







  11月13日(ブルームバーグ):中国株式市場で、上海総合指数は約7週間ぶりの大幅下落。共産党の第18期中央委員会第3回総会(3中総会)で景気減速を防ぐ政策変更の詳細が打ち出されなかったことから、投資家の失望を誘った。





中国石油化工(SINOPEC、600028 CH)や石炭会社の中国神華能源(601088 CH)を中心にエネルギー株が下落。平安銀行(000001CH)や中国民生銀行(600016 CH)も安い。一方、南京航天晨光(600501 CH)と北京航天長峰(600855 CH)は共に10%高。政府が国家安全戦略の改善に向け委員会を創設する方針を表明したことが手掛かりとなった。





上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動している上海総合指数は、前日比38.83ポイント(1.8%)安の2087.94で終了。上海、深・祁両証取のA株に連動しているCSI300指数は同2.2%安の2288.12。





交銀国際の洪・豹ストラテジスト(香港在勤)は、3中総会には「細部でがっかりさせられた」と指摘。「今後数日間は個別の政策について詳細を耳にするかもしれないが、ポジションを積み上げるのは時期尚早だ。現在の焦点は依然としてポートフォリオのリスク削減だ」と述べた。





原題:China’s Stocks Drop Most in Seven Weeks After PlenumDisappoints(抜粋)





記事に関するブルームバーグ・ニュース・スタッフへの問い合わせ先:シンガポール Weiyi Lim ;上海 Zhang Shidong ,wlim26@bloomberg.net,szhang5@bloomberg.net





記事についてのエディターへの問い合わせ先:Michael Patterson ,mpatterson10@bloomberg.net










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131113-00000044-bloom_st-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【Mail Mind】女性に抱くセルフイメージの修正を修正し、メールで女性と恋愛関係築くテクニック。


Copyrighting Affiriate Program(単月プラン)


Copyrighting Affiriate Program




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1324-d0c50b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)