Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

プレゼン成功の秘訣――朝、声に出して読んでおく


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



プレゼン成功の秘訣――朝、声に出して読んでおく


誠 Biz.ID 11月11日(月)11時55分配信









プレゼン成功の秘訣――朝、声に出して読んでおく





明日から「朝型人間」になる!:

 前回のプレゼンの後、文章は黙読するだけではダメ。声に出して読み、読み方に自信のない言葉は辞書で確認しておくべきだった、という強い反省と後悔が私の胸を締め付けました。

【他の画像】

 今度からプレゼンの前には必ず声に出して読みます。と、誰にもともなく誓い、ドクドク鳴る鼓動を聞きながら家に帰る電車の中で恐る恐る電子辞書で「弛緩」の読み方を調べてみたら……。



 なーんだ、シカンもチカンも、どちらも正しかったのです。ああ、良かった。あの人たちにバカにされずに済んだ。と思うととても幸せな気持ちになりました。正直に言うと、私には読み方に自信のない言葉がたくさんあります。



 例えば、開眼(カイゲン)。私が子どものころ、大人たちがカイガンと読んでいたのを覚えてしまい、口にするとき今もどちらか迷ってしまいます(読み方によって意味が違うので要注意です)。



 アトアシで砂をかける、とウシロアシで砂をかける、も私をふと混乱させることわざです。正しくは、アトアシです。大団円(ダイダンエン)を時々ダイエンダンと発音しそうになります。



 繰り返しまずが、こうした読み方の不安を解消してくれるのが朝の新聞記者の音読習慣なのです。



●音読は立った状態でやる



 音読は、朝の15分を目安にしましょう。無理なら5分でもいいです。新聞でなくてもいいのですが、砕けた語弊で書かれた雑誌や小説では意味がありません。新聞はその日のものでなく、前日、前々日のものでも問題ありません。おすすめの記事は、経済記事、医療記事、法律関係、国際情報などですが、どれか1つと言われたら、数字や統計が多く、音読しにくい経済記事です。スポーツ情報、芸能情報、事件記事などの発音はあまり勉強になりません。



 効果の出る音読の仕方は以下の通りです。



・新聞を両手で広げ、立って読む

・口を大げさなほど大きく広げ、言葉をはっきり発音する

・声のトーンを上げ、なるべく早口で読む

・意味の分からない言葉や直訳英語、読み方に自信のない漢字などはその都度辞書で調べる

・読み通して意味がつかめない場合は、もう一度最初から音読する

・長くても15分でやめる

・毎朝続ける



●朝の音読は一種のスポーツ



 新聞記事の音読なんて退屈で長続きしそうもない、と思うかもしれませんが、そんなことはありません。私自身もそうですが、実際にやっている人のほとんどがハマっています。その理由は楽しいからです。



 やってみると分かりますが、大きく口をあけて音読するのは、意外にエネルギーが必要です。両腕を広げて新聞を持ち、両足をやや広げて立って読むと腕や脚に負荷が掛かって筋肉を鍛えているような快感もあります。



 しっかり声を出すためには深く息を吸うので、肋骨が開きます。結構難しい記事を読むので、目も脳も神経もフル回転。しかも、口を大きく開けるとき、顔中の筋肉が動くのでここでもかなりのエネルギーを使います。



 エネルギーを消費し、呼吸が深くなり、脳や目の神経が集中する、というのはスポーツと一緒です。つまり、新聞の音読にはエクササイズの要素があるので、終わったあとに気持ちのよい達成感や充実感があります。だから、楽しいのです。だから、ハマるのです。



 せっかく早起きしたからには、テキパキ働いて時間を無駄にしたくないと思います。そのためには少しでも早く副交感神経を退散させ、活動的な交感神経に登場してもらう必要があります。



 音読は一種のスポーツですから、その役目にピッタリなのです。音読している間、頭がクリアになり、だんだん楽しい気分になってくるのを感じますが、これは次第にセロトニンが増えて交感神経の動きが活発になってきた、という証拠でもあります。



●音読習慣は滑舌を良くする



 音読は、長年の私のコンプレックスを解決してくれました。私はもともと声量が少なくて、大きな声で話すのが苦手でした。声が小さくて会話している相手の人から聞き返されることがよくあったのです。しかも、滑舌が良くないらしいのです。



 い、え、あ、お、う、と口を大きく開けて発声練習をしたこともあります。早口言葉を繰り返したときもあります。でも、長続きせず、気が付けばボソボソとした話し方に戻っているのがいつものことでした。



 ところが、新聞の音読を始めてからというもの、私の声にも話し方にも変化が表れたのです。経済記事には早口言葉のような言いまわしがよく出てきます。それを声に出して読んでいるうち、舌がまわるようになったのだと思います。



 例えば、



 「代替火力発電用燃料の調達拡大」



 「米国景気の回復期待と輸出採算」



 「先進国向け輸入出の増大」



 「LNG液化天然ガス価格の多様化」



 などのフレーズが毎日のように出てきます。初めのうちは舌を噛みそうでしたが、今では苦もなく発音できるようになりました。それにつれて、話し相手に「え? 今何て言った?」と聞き返されることもなくなったのです。いつの間にか私の滑舌は改善されたようです。これは、大きな収穫でした(次回、「音読で危機を脱した若い編集者」)。



[美波紀子,Business Media 誠]










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131111-00000032-zdn_b-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



YouTube1億円集客アカデミー


SEO TOP SECRET


SEO業者も愛用☆画像認証自動突破!検索エンジン自動登録ソフト☆GOD




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1321-e3056650
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)