Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

米緩和縮小開始は来年3月との見方に変化なし-雇用増でも


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



米緩和縮小開始は来年3月との見方に変化なし-雇用増でも


Bloomberg 11月9日(土)12時20分配信







  11月8日(ブルームバーグ):米国では10月の新規雇用者数が市場予想を上回ったものの、エコノミストたちは依然として緩和縮小は来年3月まで先送りされるとみている。





ブルームバーグが8日に32人のエコノミストを対象に行った調査では、来年3月18、19日に開催される連邦公開市場委員会(FOMC)で債券購入規模が現在の850億ドル(約8兆4200億円)から700億ドルに縮小されるとの見方(予想中央値)が示された。10月17、18日に40人のエコノミストを対象に行った調査と同様の結果だった。





先週のFOMCでは、景気回復が続くことを示すさらなる証拠を待つ必要があるとして、債券購入ペースを維持する方針が示されている。ピアポント・セキュリティーズのチーフエコノミスト、スティーブン・スタンリー氏は、金融当局者が緩和縮小開始のタイミングだと確信するためには10月の雇用統計では恐らく力不足だと指摘する。





米労働省がこの日発表した10月の非農業部門新規雇用者数は20万4000人と、ブルームバーグ調査の予想中央値の12万人を上回った。失業率は7.3%と、5年ぶり低水準だった9月の7.2%から上昇した。





原題:Fed Still Seen Tapering in March Even as Job GrowthAccelerates(抜粋)





記事に関する記者への問い合わせ先:ニューヨーク Jeff Kearns ;ワシントン Catarina Saraiva ,jkearns3@bloomberg.net,asaraiva5@bloomberg.net





記事についてのエディターへの問い合わせ先:Chris Wellisz ,cwellisz@bloomberg.net










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131109-00000012-bloom_st-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ホームページベンディータ【HP転売】 今まで何をやっても稼げなかった人へ。


【2980円】6月末まで販売延長!スイッチポイントFX5通貨ペアセットロープライス版■月間8500pipsが激安■


テキスト全セット  FXプロトレーダーの実力をめざす「勝ち組FX道場」の必勝テキスト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1318-41d8d703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)