Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

これから採用ニーズが高まると予想される仕事


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



これから採用ニーズが高まると予想される仕事


@DIME 11月5日(火)7時57分配信







 人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンは、2013年10月から12月までの採用動向予測をまとめたレポートを発表した。これによると、ファイナンス・コントローラー、オフィス・マネージャー、ウェブ/スマートフォン・アプリケーション開発者など3専門分野で人材流動による採用活動が活発化しているという。また、4月の新会計年度以降、新しい職種で人材ニーズが増えているが、全般に離職者の補充を目的に採用を行っていることがわかった。同社のリージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソンは次のようにコメントしている。



「転職希望者と人材募集数のバランスは全体に良好な状況が続いており、12月以降も人材市場では活発な採用が進むものと見ています。もし年内に予算削減があっても人材が必要とされれば、派遣社員や契約社員が増加すると思われます。人材募集数は多いのですが、現在の好況が長期的に続くのか不安視している企業は、人材補充について様子見を続けており、採用決定までの期間が長期化しています。そのため、候補者は採用決定通知を早く出した企業に魅力を感じ就職してしまうので、企業間の厳しい人材競争が続く結果となり、採用決定が遅い企業は優秀な候補者を逃してしまうリスクがあります。その上、競争が激しいため多くの候補者は複数の採用通知を受け取る場合があるので、契約金、その他のボーナスなどを用意する企業もあります」



 当期に採用ニーズが高まると予想されるのは次のような専門分野だ。



・財務計画立案・分析マネージャー(FP&A マネージャー)

日本では特にこの分野が拡大しており人材不足が目立つ。特にバイリンガルの分析専門家に高い需要がある。



・財務コントローラー / 財務ディレクター

候補者は多いものの、企業側は候補者の当該業界での経験や特定の技能・スキルを求めている。



・バンキング・オペレーション

内国為替取引制度(全銀システム)を利用する外資系企業が増加している他、最近の制度改変によりこの分野の人材ニーズが高まっている。



・FX セールス

日本経済への信頼感と強い円を背景に、一年を通じて企業、団体の為替セールス担当者に高い人材ニーズがある。



・外国で弁護士登録をしているアソシエイト・アトーニー

大手の国際法律事務所のほとんどが、英語、日本語のバイリンガルで、アメリカ、イギリス、オーストラリアのうちどれかの国の法曹資格を有し、日本か外国の大学の法学部を卒業したジュニア(資格取得後0 - 3年の経験者)または、ミッドレベル(資格取得後3 - 8年の経験者)のアソシエイト・アトーニーを求めている。日本における外国法事務弁護士の資格取得のためには、法曹資格を得た国で最低2年の法曹業務経験が必要なので、アソシエイトを採用した後、そのアソシエートを法曹資格を得た国に送り業務経験を積ませる企業もある。



・弁護士

外国の法律事務所では企業のビジネス・トランスアクションが増え、それに伴う国内訴訟案件のサポートのため日本の法曹資格を有する弁護士を採用している。外資系弁護士事務所は、キャリア開発の一環としてそれらの多くの弁護士を米国の法学修士号(LLM)を取得させるため渡米させている。日本の法曹資格を有する弁護士は、日本の法律を熟知している必要のある企業弁護士としても高い需要がある。



・エグゼクティブ・セクレタリー

様々な異なる分野の企業で、日本人・外国人役員の通訳、翻訳を日常業務の中で行えるバイリンガル人材を求めている。



・オフィス・マネージャー

日本で新規にビジネスを立ち上げる企業で高いニーズがある。日本で成功を収めている中小企業で、総務と秘書の両業務を行える人材を求めている。



・ITマネージャー/ディレクター

企業がITシステムを ビジネスにあった形により近づけるための施策を進めていることから、ライフ・サイエンス、小売、サプライ・チェーン、テクノロジー関連においてITマネージャー/ディレクターの需要が高い。この分野では主にテクノロジー開発の豊富な経験を有し、ビジネスや企業全体に変革をもたらすクリエイティブなITマネージャーが求められている。



・ウェブサイトおよびスマートフォン向けアプリケーション開発者

多くの外資系企業が新しいウェブサイトやスマートフォン向けアプリケーションを開発したことによりJavaやObjective C関連のプログラミング言語やツールのスキルを持った候補者の高い需要が見られる。これらの開発経験を5年以上有し、国内外での勤務経験を持ったやる気のある候補者が求められている。



・ネットワーク- ユニファイド・コミュニケーション

全ての業界においてより効率的なビジネスコミュニケーションが求められる中、ユニファイド・コミュニケーション関連のテクノロジーが求められている。それにより、シスコIP テレフォニー、マイクロソフトLyncサーバーの豊富なスキルを持った候補者がネットワーク・ベンダーや企業の間で求められている。



・人事担当者(地方都市)

外資系企業が日本全国に業務を拡大していることを受け、大都市以外で働くバイリンガルで経験豊富な人事担当者の獲得が難しくなっている。よって地方への転勤が可能な候補者は有利と言えるだろう。



・CRA(クリニカル・リサーチ・アソシエイト)

継続的に幅広い分野における新薬が発売される中、CRA への需要は引き続き高いままだ。中でも臨床実験観察を行う、またサポートするCRA が求められている。現在臨床実験観察を必要とする薬は増加しており、それによりCRA の需要も高くなっている。



・メディカル・アフェアーズ

製薬会社は新薬の市販前に当該新薬の知名度の向上とキー・オピニオン・ドクターへの認知をはかる。このようなニーズから、新薬の開発から市販に至るまでのコーディネートを行うメディカル・アフェアーズおよびメディカル・サイエンス・リエゾンと呼ばれる臨床研究及び臨床開発のスペシャリストが人気だ。



・アプリケーション・サポート

ファイナンス・テクノロジーの分野では景気の回復とマーケットの改善に伴い、ビジネスの拡大がみられる。その結果、以前縮小されたサポートチームでは主に株式と債券部門の人員の拡充が必要となっている。またテクノロジー・ベンダーもビジネスが増加しており、クライアントと直接接するサポート・スタッフの需要が高い。



・ビジネス・アナリスト

金融規制の変更、新たなシステムの導入により、多くの金融サービス機関でフロント、ミドル、バック・オフィスにわたって、ビジネス・アナリストを追加している。ビジネス・アナリストの業務にはテクニカルなスキルやプロジェクト管理などが幅広く含まれることもあり、その結果企業側には雇用する転職者を必要に応じてよりフレキシブルに配置できるという利点がある。



・アクチュアリー

シニア・レベルでは競争率が高いものの、ジュニア・レベルではまだまだ需要が高い分野と言えるだろう。7-9月期、保険業界ではいくつかの合併・統合があった。よって今後はシニア・レベルの候補者が増えると見込まれる。



・ファシリティ・マネージャー

BCP (事業継続計画)、危機管理、機械工学、電気工学の知識と経験を持ったマネージャー・クラスの人材が求められている。またベンダー対応や管理を行う人材も需要が高い。



・コンストラクション・マネージャー

商業ビル、工業ビルをはじめとするさまざまな用途のビルやマンションの建築経験のあるコンストラクション・マネージャーの需要が高い。



・デジタル・マーケティング・マネージャー

インターネットは私たちの日常に欠かせないツールになっており、オンラインでの広告、キャンペーン、プロモーションを活発に行う企業ではデジタル・マーケティング・マネージャーを求めている。



・顧客リレーションシップ・マネージャー

企業では短期ではなく中長期にわたって関係を継続できる顧客作りに注力している。その実現に向けて、既存顧客との関係を維持し、そして新規顧客も開拓できる顧客リレーションシップ・マネージャーの需要が高い。



・間接購買担当者

日本では比較的新しい職種である間接購買担当者の需要が高い。現在、コスト削減がグローバルなビジネスにおいて必須条件である中で、購買の大部分は企業内(インハウス)で行われている。能力の高い間接購買担当者は短期的にも長期的にもコストの最適化をはかれる人材だ。



・電気/電子部品調達担当者

アベノミクスの効果もあってか日本の製造業は本格的にグローバルマーケットに進出しようとしている。それに伴い、日本の主要製造企業の株価は急速に上昇している。そしてこの波に乗ろうと部品調達担当者の採用を活発化させているようだ。





DIME編集部







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131105-00010000-dime-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



OrionFXが運用するコピートレード


FXかんたんデイトレちゃん


Mr.Hilton ストラテジー225




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1311-0f23e5fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)