Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

FRBの緩和縮小は経済指標次第=ダラス連銀総裁


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



FRBの緩和縮小は経済指標次第=ダラス連銀総裁


ロイター 11月4日(月)17時4分配信










FRBの緩和縮小は経済指標次第=ダラス連銀総裁


11月4日、米ダラス地区連銀のフィッシャー総裁は、FRBが資産買い入れプログラムの縮小に着手するかは経済指標次第だという見解を示した。3月撮影(2013年 ロイター)





[シドニー 4日 ロイター] -米ダラス地区連銀のフィッシャー総裁は4日、連邦準備理事会(FRB)が資産買い入れプログラムの縮小に着手するかは経済指標次第だという見解を示した。



総裁はまた、当地で開催の企業エコノミスト会議での講演原稿で、FRBの超緩和的金融政策に対し、非効率で財政的に無責任な米政府が阻害要因になっていると批判した。



「これまでのFRBは全速力で走るカンガルーのようだが、米政府はせいぜいコアラ並みの順応速度しか示していない」と強調。



「多くの回復局面とは違い、政府は反景気循環的で抑制的な役割を演じている」と指摘。「政府がしっかり行動できていないことは、FRBの景気循環を支える政策に逆行している」とした。



米企業のバランスシートについて総裁は、過去のどの時点よりも良い状態であるとした。



一方、社債スプレッドが縮小しすぎているとして懸念を示した。



フィッシャー総裁は、将来的にインフレを招く恐れがあるとしてFRBの債券買い入れプログラムに長らく反対している。総裁は来年、連邦公開市場委員会(FOMC)の投票権を持つ。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131104-00000017-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



「225デイトレNavi」Nikkei225 Day Trade Navigation System


『世界基準FX~New Balancer PRO』米国トップトレーダーたちが絶賛したロジック!マーケットに対し圧倒的な優位性を持ったロジックで、今すぐあなたも最上級のトレードをマスターしてみませんか?


トレンドハンターFX 世界最高レベル、年利12,000%の驚きのトレード手法!トレハンFX




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1309-47fb0c9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)