Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

米FRB、大手金融30社の資本計画検査


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



米FRB、大手金融30社の資本計画検査


読売新聞 11月2日(土)18時40分配信







 【ワシントン=安江邦彦】米連邦準備制度理事会(FRB)は1日、米主要金融機関に対する2014年のストレステスト(耐性検査)の計画を発表した。



 500億ドル(約5兆円)以上の総資産を持つ金融機関が対象で、今回は新たに12社が加わり計30社となる。



 テストでは厳しい経済環境でも十分な貸し出しを継続できる資本計画を求める。最も厳しい想定としては、欧州や日本も景気が後退し、米国の失業率が11・25%に上昇するほか、株価がほぼ半減し、実質国内総生産(GDP)の伸び率もほぼ4・75%減となるなどのシナリオを示した。各金融機関の資本計画をFRBが承認しなければ、配当の支払いなどができなくなる。



 今回から規模の大きいバンク・オブ・アメリカやゴールドマン・サックスなど8社には、取引先のデフォルト(債務不履行)を織り込むことも求める。FRBは結果を来年3月に公表する。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131102-00000737-yom-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



s0480【楽販アフィリオ】オートレンダーEX


s0479【楽販アフィリオ】【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法


「独立・開業」業種別解説事典




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1308-70fac415
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)