Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

米FRBがストレステスト概要公表、審査基準を厳格化


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



米FRBがストレステスト概要公表、審査基準を厳格化


ロイター 11月2日(土)8時56分配信










米FRBがストレステスト概要公表、審査基準を厳格化


11月1日、米FRBは、来年実施するストレステスト(健全性審査)の概要を発表した。ワシントンのFRB本部で昨年4月撮影(2013年 ロイター/Joshua Roberts)





[ワシントン 1日 ロイター] -米連邦準備理事会(FRB)は1日、来年実施するストレステスト(健全性審査)の概要を発表した。取引相手のデフォルト(債務不履行)など審査基準を厳格化した。



今回のストレステストは30行が参加する。従来からの審査対象である18行に加え、より規模の小さい12行も加わる。



最も深刻なシナリオでは、米国の国内総生産(GDP)が4.75%落ち込むとともに失業率が2015年に11.25%に上昇、株価が半減する状況を想定。海外では欧州がリセッション(景気後退)入りし、新興国経済が減速すると仮定している。



大手8行は今回初めて、最大の取引相手がデフォルトした際に対応できるかどうかも試される。



また大規模なトレーディング事業を抱える大手6行は、金利の急変やユーロ圏のソブリン危機、2008年当時のような資産価格ショックなど、世界的な市場の衝撃も勘案する必要がある。



FRBは来年3月、2段階に分けて結果を公表する。最初に金融規制改革法(ドッド・フランク法)で義務付けられている審査の結果を発表。その後、資本計画の承認基準となる包括的資本分析(CCAR)の結果が公表される。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131102-00000032-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



情報仲介ビジネス!1億をめざす7日間構築マニュアル


インドネシア進出であなたのビジネスの可否を知るカンニングなインタビュー音声集


悪魔のコピーライティング




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1306-049a8737
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)