Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

生保4社、下期資産運用計画出そろう 金利上昇見据え国内債券シフト


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



生保4社、下期資産運用計画出そろう 金利上昇見据え国内債券シフト


SankeiBiz 10月31日(木)8時15分配信







 主要生命保険会社4社の2013年度下期の資産運用計画が30日出そろった。日銀の金融緩和などで長期金利は低下傾向にあるが、金利水準が安定していることなどを踏まえ全社が国内債券を増加させる方針だ。相対的に利回りの高い外国債券は、金利水準を見極めながら慎重に運用する。



 「金利水準に留意しながら積み増し金額を調整する」。30日に運用計画を発表した第一生命保険の菊田徹也運用企画部長は、金利上昇局面をとらえて国内債券を増やす意向を示した。



 日銀の金融緩和に加えて、米国の金融緩和の長期化観測もあり、長期金利は低下傾向にある。30日の国債市場では長期金利の指標である新発10年債の終値利回りが0.585%と、5月初め以来約半年ぶりの低水準になった。



 ただ、今後は景気回復などに伴い、長期金利は「ゆるやかに上昇する」(日本生命保険の大関洋財務企画部長)と見込まれ、各社とも金利上昇局面での買い増しを計画する。



 一方、外国債は、「国内外の金利環境などに応じ機動的に対応する」(明治安田生命保険の山下敏彦資産運用部門長)「想定以上に国内債券の金利が低い場合、外国債券も検討する」(住友生命保険の松本巌運用企画部長)などとしており、各社とも内外の金利状況に応じて柔軟に運用する方針だ。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-00000020-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



フォローブースターPRO


好かれる人のコミュニケーション会話術


単複を攻略せよ!【匠ーTAKUMI-】WINDOWS版つにデビュー50部限定価格で登場!!




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1304-6963d3e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)