Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

利上げ示唆の文言削除、重大な政策変更ではない=カナダ中銀総裁


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



利上げ示唆の文言削除、重大な政策変更ではない=カナダ中銀総裁


ロイター 10月30日(水)9時11分配信







[オタワ 29日 ロイター] -カナダ銀行(中央銀行)のポロズ総裁は29日に議会の委員会で証言し、先週の金融政策決定会合で18カ月ぶりに将来の利上げに関する文言を声明から削除したことは金融政策の重大な変更ではないとの認識を示した上で、低いインフレ率と景気の弱さに対応しただけだと強調した。



カナダ中銀は先週の会合で政策金利を据え置いたが、次回以降は利上げと利下げの可能性が同等で、2012年4月以降続いていたタカ派的な政策スタンスを実質的に終了するとのシグナルを送って市場を驚かせた。これを受けてカナダドルが売られ、1週間ぶりの安値をつけた。



ポロズ総裁は、先週の会合で中銀はインフレ率が目標の2%を下回る状況が続いていることにさらに焦点を当てたと指摘した上で、「こうした背景を踏まえて、われわれはもはや利上げに向けた明確なバイアスは持つべきでないと判断した。市場がそのことを理解してカナダドルがやや売られたが、それは大きな変化ではない」と語った。



カナダ銀行は2008─09年の世界的な金融危機後に主要中央銀行で初めて金融引き締めに踏み切り、政策金利である翌日物金利を2010年の半ばに3度にわたり引き上げた。その後は1.0%で据え置いていた。



ポロズ総裁はまた、緩和的な金融政策のためにインフレ率が中銀目標を上回るリスクは小さいとの見方を示した。カナダの9月の消費者物価指数上昇率は1.1%で、中銀は2%に戻るのは2015年末と予想している。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-00000051-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



トレンドラインによる5ステップ売買手法 ユーロドル15分足 OptimFX


FXパーフェクトマニュアル


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX GBP/USDペア用■




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1303-f8d82054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)