Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ドル小幅高、緩和継続観測でドル指数9カ月ぶり安値付近=NY市場


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



ドル小幅高、緩和継続観測でドル指数9カ月ぶり安値付近=NY市場


ロイター 10月29日(火)6時46分配信










ドル小幅高、緩和継続観測でドル指数9カ月ぶり安値付近=NY市場


10月28日、終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが小幅上昇した。ただ、米FRBが現行の金融緩和策を来年まで継続するとの見方から、主要通貨バスケットに対し9カ月ぶりの安値付近にとどまった。写真は2011年8月、都内で撮影(2013年 ロイター/Yuriko Nakao)





[ニューヨーク 28日 ロイター] - 28日終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが小幅上昇した。ただ、米連邦準備理事会(FRB)が現行の金融緩和策を来年まで継続するとの見方から、主要通貨バスケットに対し9カ月ぶりの安値付近にとどまった。



29─30日に開かれる連邦公開市場委員会(FOMC)は金融政策を変更せず、米財政問題の景気への影響を見極めようとする公算が大きい。FRBの資産買い入れ縮小の開始は来年3月以降との見方が大勢となっている。



終盤の主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.1%上昇の79.308。 前営業日の25日には9カ月ぶりの安値となる78.998を付けた。



ロイターのデータによると、終盤のユーロ/ドルは0.1%安の1.3789ドル。ドル/円は0.3%高の97.65円。



ドルはFRBが9月に金融緩和の縮小開始見送りで市場を驚かせてから2%以上も下落し、年初からの上昇分をほぼすべて失った。しかしアナリストからは、市場は既に緩和縮小の後ずれをほぼ完全に織り込んでいるため、ドルの一段の下げは限定的との声も聞かれる。



BNYメロンの市場戦略部門ディレクター、サマルジット・シャンカール氏は、通貨フローに関する同社の指標は過去4日間でドルが小幅ながら純流入となり、純流出が続いていた最近の流れに変化が生じたと指摘。「これが限定的なドルへの退避なのか、戦略的な資産配分なのかを見極める必要がある」とした。



ドル/円    終値    97.66/71



始値    97.62/64



前営業日終値    97.39/43



ユーロ/ドル  終値   1.3784/87



始値   1.3783/84



前営業日終値   1.3801/06










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131029-00000027-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX革命DX


FX革命DX


毎月安定した副収入を得るための「安心」「安全」資産運用型FX【NexusFX】~ネクサスFX~




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1300-d6238de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)