Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

米国債の潜在リスク露呈、緩和継続観測で株式との相関ゆがむ


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



米国債の潜在リスク露呈、緩和継続観測で株式との相関ゆがむ


Bloomberg 10月28日(月)14時29分配信







  10月28日(ブルームバーグ):米国債は信用危機直前の時期以降で最も株式に連動した動きを見せている。米連邦準備制度理事会(FRB)が緩和策を2014年にかけて継続するとの見通しで落ち着いた市場にとって米国債は隠れたリスクとなっている。





ベータ値として知られるリスク指標を基にすると、S&P500種株価指数が1%変化するごとに、10年物米国債相場は同じ方向に0.024%動いている。同方向にこれほどの大きく動いたのは2007年7月以来初めて。9月までのベータ値は過去10年でマイナス0.12。これは米国債が歴史的には米国株と反対方向に動いてきたことを意味している。





エコノミストの間では、16日間の政府機関閉鎖で成長が鈍化した米経済を支えるためFRBが低金利政策を継続すると予想されており、米国債は株式相場とともに上昇している。





深刻なリセッション(景気後退)期に米国債は安全資産だったが、バークレイズやゴールドマン・サックス・グループなどプライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)は今月の米国債相場上昇について、米景気回復が定着する中で、FRBによる月間850億ドル(約8兆2900億円)の債券購入策が米国債保有リスクを覆い隠している状況が浮き彫りになったと分析している。





スタンディッシュ・メロン・アセット・マネジメントのグローバルマクロ・ストラテジスト、トーマス・ヒギンズ氏は今月23日の電話インタビューで、「米経済は明らかに絶好調になることはない。だが、FRBはある時点で身を引くため、金利低下要因の1つが取り除かれることになる」と述べた。





ヒギンズ氏によると、スタンディッシュ・メロンは今月、米国債保有を減らしており、10年債利回りが3%を下回る限り、売却を続ける方針。先週は3カ月ぶりの低水準の2.46%を付けた。





緩和継続観測





米国債相場はここ1カ月で上昇し、10年債利回りは9月6日に付けた2年ぶり高水準の3%から低下。通常反対方向に動く米国債と株式との相関関係は瓦解した。ブルームバーグが集計した26週移動平均によると、米議会が政府機関閉鎖の解除で合意した10月16日に、米国債の投資収益率のS&P500種の収益率への連動性を示すベータ値はプラスに転じた。







前へ12


2ページ中1ページ目を表示





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131028-00000028-bloom_st-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



カリスマFXプロトレーダー極秘マニュアル


【MGFX】遂に販売開始!元手30万円を2500万円に増やしたFX自動売買システム【ミリオングッドFX】


FXデイトレチャンス




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1299-1e88cdf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)