Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ベトナム、低額テナント料足かせ 消費低迷でモール閉鎖


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



ベトナム、低額テナント料足かせ 消費低迷でモール閉鎖


SankeiBiz 10月28日(月)8時15分配信







 ベトナムでショッピングモールの閉鎖が相次いでいる。長引く景気低迷により個人消費が冷え込み、赤字経営に陥ったことから撤退を余儀なくされている。国営ベトナム・ニューズが報じた。



 今年の第2四半期(4~6月期)には同国最大の商都ホーチミンで3カ所のショッピングモールが閉鎖。第3四半期(7~9月期)には、首都ハノイのショッピングモールと大型家電ショッピングセンター2カ所が経営不振で閉鎖に追い込まれた。



 英総合不動産サービスのサヴィルズによると、新規の大規模ショッピングモールが低額なテナント料を設定していることなどから、平均テナント料金の下落を招き、採算が合わなくなった既存のショッピングモールが撤退に追い込まれる例もあるという。



 ベトナムのショッピングモール市場には今後の成長を見込んで外資の参入もみられるなど、明るい兆しもあるが、ショッピングモールの平均店舗入居率は7四半期連続で下がり続け、今年第3四半期は85%にまで低下しており、同国経済の回復の遅れが浮き彫りとなっている。(シンガポール支局)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131027-00000010-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



SEO記事作成に革命を。コンテンツライターPRO《FX 1》CWP-0401


FX・リアルタイム売買シグナル感知ソフトアラーム通知機能&FXポイントマニュアルおまけ付き!


Mr.コージ最新作!鉄板指標マスターFX~目指せ!1日5分の専業トレーダー!!~




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1298-c57b1d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)