Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

設備投資、「積極化」企業が4割 法人税見直しで、さらに投資が加速するか


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



設備投資、「積極化」企業が4割 法人税見直しで、さらに投資が加速するか


MONEYzine 10月26日(土)14時0分配信







 経済産業省は毎年、企業の設備投資や資金調達等の動向を把握するため、「経済産業省企業金融調査」(旧 経済産業省設備投資調査)を実施している。今年は6月から7月にかけて約2,000社を対象に実施し、その調査結果を15日に発表した。



 報告書によると、平成25年度の国内設備投資計画は、全産業ベースで対前年度比8.0%増となり、3年連続の増加となった。業種別にみると、製造業は対前年度比9.7%増で3年連続の増加、非製造業は対前年度比5.7%増で2年連続の増加だった。



 海外設備投資計画は、鉱業を除いた全産業ベースで対前年度比15.7%増となり、3年連続の2ケタ増となった。業種別にみると、製造業は対前年度比12.5%増、鉱業を除いた非製造業は対前年度比35.2%増だった。鉱業については、大型の資源関連投資が計画されており、鉱業を含めた伸び率は全産業ベースで対前年度比34.5%増、非製造業は対前年度比76.3%増になった。



 今回の調査では、企業の設備投資に関する意識を把握するため、「設備投資に関する臨時アンケート」も併せて実施された。それによると、設備投資の実施方針を聞いたところ、「大幅に積極化させる」(7%)と「やや積極化させる」(34%)を合わせて、全体の41%の企業が設備投資を「積極化させる」と回答した。その理由は「需要の拡大が見込めるため」が最多で、60%の企業が回答した。足元の経済環境の好転を受け、企業は国内外で設備投資を積極化させつつあるようだ。



 一方、帝国データバンクが15日に発表した「法人課税の実効税率に対する企業の意識調査結果」(調査期間は9月17日から30日 調査対象は全国の企業2万2,733社 有効回答企業数は1万826社)によると、現在検討されている法人税減税について、引き下げ分の使いみちを聞いたところ、雇用や給与など「人的投資」が28.5%、設備投資や研究開発など「資本投資」が21.0%となり、約半数の企業が積極的な投資に使うことを想定していた。その一方で、5社に1社が「内部留保」として自社内にとどめると回答した。



 こうした調査結果を見るかぎりは、現状の景気回復の流れが続き、成長戦略第2弾の目玉政策の1つである法人税減税が実施されれば、企業の積極投資も加速する可能性はありそうだ。





(サイトウ イサム 、 加藤 秀行)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131026-00000001-sh_mon-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



パチンコ-CRヱヴァンゲリヲン8 ボーナス直撃打法。今なら立ち回り打法+多機種の攻略法の特典付!


「人を動かす」セミナー


s0478【楽販アフィリオ】FXビクトリーメソッド




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1297-6eed0943
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)