Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

イタリア格付け、「BBBプラス」に据え置き=フィッチ


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



イタリア格付け、「BBBプラス」に据え置き=フィッチ


ロイター 10月26日(土)8時30分配信







[ミラノ 25日 ロイター] - 格付け会社フィッチ・レーティングスは25日、イタリアの外貨建て・自国通貨建ての長期格付けを「BBBプラス」に据え置いた。見通しは引き続き「ネガティブ」とした。



フィッチはイタリアの債務水準が2014年に国内総生産(GDP)比133%でピークに達するとし、130%としていた3月時点の予想を修正した。民間への未払い金の支払いなど一時的な要因が修正の主な理由としている。ただイタリアの債務は2018年までGDP比120%を上回る水準で推移するとの見方を示した。



イタリアの財政再建への取り組みは大きく前進し、2011年から続く景気後退(リセッション)は今年終わる見込みと指摘した。



GDP伸び率の予想は2013年がマイナス1.8%、14年がプラス0.6%、15年はプラス1%に据え置いた。



ただ格付けが同水準の国や他のユーロ加盟国と比べてイタリアは潜在成長力が弱く、債務が今後数年間GDP比120%超の水準にとどまる見通しを踏まえれば、「財政が衝撃に対応する能力は非常に限られる」との見方を示した。



その上で格下げにつながるリスクとして、新たな政局混乱、予想以上のリセッション長期化、2014─15年に債務水準が低下傾向をたどるとの見通しを揺るがす経済・財政動向を挙げた。



また欧州中央銀行(ECB)が実施する銀行の健全性審査などにより、大規模な資本増強が必要となり公的資金の注入を余儀なくされることもリスクとした。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131026-00000031-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



心理学博士&カウンセラー古宮昇が教える!なぜあの人は誰からも好かれるのか ~ 内気なあなたにも使える、人から好かれる11の秘密 ~


◆ミス日本◆の指導インストラクターも絶賛!!まさに正統派。その名も「みんなの美脚プログラム」


日経225寄引 Trade System SM Day V10




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1296-2a2a885b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)