Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

比コールセンター業界好調 今年の売上高目標18%増の1兆円超


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



比コールセンター業界好調 今年の売上高目標18%増の1兆円超


SankeiBiz 10月24日(木)8時15分配信







 フィリピンの景気を後押しするコールセンター業界が引き続き好調だ。業務分野を拡大しながら、さらに成長すると期待されている。現地紙ビジネス・ワールドが報じた。



 フィリピン国内のコールセンター業界を取りまとめる公的機関のフィリピン・コンタクトセンター協会は、今年の売上高目標を前年比18%増の104億ドル(約1兆196億円)とし、就業者数は現在の約54万人から58万6000人に引き上げるとした。2016年には売上高163億ドル、就業者は91万5000人にまで拡大すると予測している。同協会が設立された01年には、コールセンターでの就業者はわずか2500人に過ぎなかった。



 同協会のヘルナンデス会長は「医療情報の提供など、健康関連分野でのコールセンター事業でさらなる成長が期待される」との見方を示した。



 米調査会社のガートナーによると、フィリピンのBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング=業務の部分的な外部委託)産業は競争力があるとしながらも、今後、新興国の台頭が予想されると指摘。インフラ管理の遠隔操作など他分野でのコールセンター業務の拡大や、インターネット経由のIT(情報技術)サービスなどの最新技術を導入し、顧客の満足度向上やコスト削減を図っていく必要があるとの見解を示した。(シンガポール支局)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131023-00000023-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ボディガード・カード


ボディガード・ブレスレット


パチンコ-CRスーパー海物語IN沖縄3 確変継続打法。今なら立ち回り打法+多機種の攻略法の特典付!




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1292-afd3e92a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)