Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

菅直人の劣化コピー、泉田知事にご用心


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



菅直人の劣化コピー、泉田知事にご用心


プレジデント 10月23日(水)10時15分配信




















写真を拡大
写真を拡大


菅直人の劣化コピー、泉田知事にご用心



写真を縮小
写真を縮小


菅直人の劣化コピー、泉田知事にご用心

大勢のマスコミの前で、東電に注文をつける泉田知事。(時事通信フォト=写真)




■弱いものいじめをしてはダメだよ



 大阪都構想は、まったく何の経済効果ももたらさないことが明白になった。当初、橋下徹市長は、都構想により年間4000億円の財政効果を生み出すことを目標にしたが、8月9日に発表された財政効果は976億~736億円になってしまった。しかも、この効果は市民サービスを廃止・縮小した市政改革プラン(237億円)や、市営地下鉄の民営化(275億円)、ごみ収集の民営化(79億円)など、都構想と何ら関係のないものも含まれている。さらに移行経費として640億円かかる(大阪市の事務局が発表)というのだから、実際には大阪の都構想で得られるメリットは何もない。むしろ、収支はマイナスだ。



 ポピュリズムという言葉がある。冷静に議論すれば答えが出ていることに反して、表面的な人気取りに走る政治のことである。



 3年3カ月の民主党政権において顕著であったし、スキャンダル続きの大阪市の民間公募校長もその類いだろう。スキャンダルは組織的なことでないから防ぎようがないということなら、大阪の子どもたちの学力が一切上がっていないことはどう説明をつけるのだろう。大阪市は公募区長も資質に問題がある人が続出しているが、官僚や現場の教師を悪い奴だと決めつけて、経験のない民間人を登用する人気取り政策は限界を迎えている。



 橋下市長の一連の行動から2つの学びを得ることができるだろう。まず、地方の首長は実績・手腕がなくても、その地域ではある程度の人気が確保できてしまうこと。そして、地方分権を進め、首長に巨大な権力を与えるのはとても危険ということだ。



 今、日本には、橋下市長よりも危険なポピュリズム首長がいる。



 「東京電力という会社はお金と安全と、どちらを大事にする会社ですか」



 と、東京電力の廣瀬直己社長にマスコミの面前で問いかける男・泉田裕彦氏、新潟県知事である。通産省(現経産省)出身で2004年に新潟県知事に初当選して現在3期目だ。初当選した選挙に際して、保守陣営が分裂し、厳しい選挙戦を強いられたことが影響したのだろうか。とにかく人気取りを先行するあまり、流行しているものに過敏に反応してしまう。先述したように大失敗に終わることが明白になった大阪都構想だが、泉田知事は「新潟都構想」なるものを発表している。大阪の都構想をただパクったものであるなら、その経済的メリットはほとんどないばかりか、害をなすものだ。この先、どう落とし前をつけるのかが見ものだ。







前へ1234


4ページ中1ページ目を表示





http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131023-00010873-president-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



◆【Hyper Click FX 】インジケーター対応版◆


第3回FX攻略.com主催セミナー「本当に勝っているプロの超実戦的テク Vol.2」 【懇親会あり】


第3回FX攻略.com主催セミナー「本当に勝っているプロの超実戦的テク Vol.2」 【懇親会なし】




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1291-7408abe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)