Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

円下落、98円台前半〔NY外為〕(21日)


老後の不安はありませんか?


「死ぬまで現役」で生きること。

それが老後の不安を一髪で解消する唯一の方法です。

ということは、老後でも安心して働ける仕事が必要なのです。

フルタイムで働くのではなく、好きな時に好きな場所で働く。

そのような理想の老後を手に入れるには、

1日でも早く行動に移した方がいいのです。

現代社会での一番大きなリスクは、長生きのリスクです。

あなたは、お金もなく、病気がちの惨めな老後を送りたいでしょうか?

もし、健康で豊かな老後を送りたいのなら行動してください。

そして、5年から10年、少しのお金と時間を投資してください。

そのちょっとした努力の積み重ねが、豊かな老後を保障するのです。

あなたの幸運をお祈りいたします。


インターネット無料メールセミナーはここをクリック



円下落、98円台前半〔NY外為〕(21日)


時事通信 10月22日(火)7時0分配信







 【ニューヨーク時事】週明け21日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、翌日発表される9月分の米雇用統計に対する警戒感から売られ、1ドル=98円台前半に下落した。午後5時現在は、98円13~23銭と、前週末同時刻(97円72~82銭)比41銭の円安・ドル高。

 米労働省は22日、米政府機関の閉鎖を受けて遅れていた9月の雇用統計を公表する。市場では、政府機関の閉鎖が米景気に悪影響を及ぼすとの懸念から、量的緩和の縮小開始が2014年以降になるとの思惑が浮上している。しかし、米連邦準備制度理事会(FRB)の政策判断の要である雇用統計の改善に対する期待も根強く、発表を目前に米長期金利が上昇し円売り・ドル買い地合いが強まった。

 日銀の黒田東彦総裁の発言も円売りを促したもよう。黒田総裁はこの日の支店長会議で、景気が穏やかな回復傾向にあるとの認識を示す一方で、2%の安定的な物価上昇率を目指し、必要な時点まで緩和を継続する姿勢を改めて強調した。

 ユーロは、同時刻現在1ユーロ=1.3676~3686ドル(前週末午後5時は1.3681~3691ドル)、対円では同134円25~35銭(同133円76~86銭)。(了)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131022-00000005-jijc-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FXフィボナッチトレーニング解答集


FXフィボナッチトレーニング解答集


FXリスク限定オプション用インディゲーター パワー投資ACTION




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1288-458b5555
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)